>  > 脳を生のまま食べるカニバリズム集団

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 貧困が招いた悪夢だという者も多い、パプアニューギニアでの魔女狩り。あまりの事件の多さに、2009年頃からメディアでも度々取り上げられるようになった。問題を重く捉えた当局によって2013年には「魔術」を理由にした殺人の加害者にも「死刑」が適用されることに。しかし、2014年になった今でも悲劇がなくなったわけではなく、今年に入ってからも度々事件が報じられている。

 今回は、その中でも特に異質で悲劇的だった2012年の事件を紹介しよう。

 2012年7月、パプアニューギニアのジャングル奥地で7人の魔術師が惨殺されるという事件が起きた。地元警察によれば「人喰いカルト集団」によって身体の一部をむさぼり喰われていたという。また、7人のうち4人の遺体の残骸は未だ回収されておらず、「恐らく、彼らが全部食べつくしてしまったのだろう」と推測されており、魔術師の脳を生のまま食べ、ペニスはスープにして消化したと伝えられている。

 ではなぜこのような事件が起きたのか? それは「人喰いカルト集団」にとって、魔術師の臓器は、超自然的なパワーと、強靭な肉体を得ることができると信じられているからである。

 パプアニューギニアの全国紙によると、この加害者29人(内、女性8人、13歳の少年1人を含む)が所属するのは、全体で約1,000人のメンバーがいる人喰いカルト集団であった。彼らは、パプアニューギニア北東内陸部の村落に住み、メンバーのほとんどが、人肉(ロングピッグ=“長い豚”と呼ばれている)を食べたことがあると推定されている。

 しかし、警察が「こんな事件は、人生で初めてだ」とAP通信に伝えたように、この人喰い集団の存在は長らく確認されていなかった。ジャングル奥地での人喰風習は、噂の域を出ていなかったのだ。

 ではなぜ、この事件は明るみに出たのだろうか? それは、カルト集団による「悪徳魔術師成敗」の動きが活発化したことに起因する。

 地元の政治活動家が「これらのカルト集団は、元々は貧しい村人から金品を搾り取る欲深い魔術師を取り締まるための自警団のようなものだった」と語っているように、本来は村人を守る集団として存在していたのだという。しかし、次第に特別なパワーの虜となり、魔術師狩りへと変化し、こうした事件を引き起こしたというのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?