>  > 【日本怪事件】迷宮入りした「腐乱死体とマンホール」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

――日本で実際に起きたショッキングな事件、オカルト事件、B級事件、未解決事件など、前代未聞の【怪事件】を隔週で紹介する…!

492440327.jpg


【今回の事件 多摩保母殺人マンホール死体】

 ひとつのマンホールから、汚水が噴き出ている。静かな住宅街で、それだけでも異様な光景だ。それでも、そこから凄惨な事件が発覚するとは、最初は誰も思わなかった。

 場所は、東京都多摩市貝取一丁目。小田急多摩線の永山駅と多摩センター駅の間くらいだ。周辺には公園や緑地も多く、住み心地のいい場所だ。

 そんな街のマンホールから、死体が出てくるとは、誰も思いはしない。


■凄まじい異臭を放つマンホール

 平成9年1月14日のことだった。マンホールから汚水が溢れている、という電話が多摩市役所にかかってきたのが、午前8時過ぎ。連絡を受けた下水道工事業者が現場に着いたのが、午前10時半頃だった。

 マンホールには雨水用と汚水用がある。そこは汚水用と分かっていたので、臭いがきついのは当然だ。だが、作業員がマンホールの蓋を開けると、凄まじいほどの異臭が立ち上ってきた。マンホールをのぞき込んでみると、マネキンのようなものが汚水に浸かっている。業者は警察に連絡した。

 駆けつけた警視庁多摩中央署の捜査員が見ると、それは女性の遺体だった。深さ3メートルのマンホールの底に、腰掛けるような形で遺体は置かれていた。年齢は20~40歳代、髪は短く、ワンピースにセーターを着ている。腐乱が激しく、頭と鼻などの骨が折れていた。

 歯の治療痕から、近くに住んでいた八木橋富貴子さん(当時39歳)であることが判明。彼女は、前年の2月から行方不明になっていた。司法解剖がされたが、死因は特定されなかった。

 マンホールは底に、幅25センチの溝があり、水が流れるようになっている。遺体の一部がはげ落ちて溝をふさいだのが、汚水が溢れだした原因だった。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?