>  > 朝日新聞が2大週刊誌の広告掲載を拒否!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
0901shincho_top.jpg
※画像:「週刊新潮」9月4日号 中吊広告より

 朝日新聞が、「週刊文春」(文藝春秋)、「週刊新潮」(新潮社)両誌9月4日号の広告掲載を相次いで拒否したことが話題となっている。

 朝日新聞の従軍慰安婦問題の訂正報道を受けて、「朝日新聞『売国のDNA』」(文春)、「 1億国民が報道被害者になった『従軍慰安婦』大誤報!」(新潮)といった見出し広告が他の全国紙には打たれている。だが、朝日新聞側はフレーズの内容を問題視。文春の広告掲載を見送り、さらに新潮側の「部数がドーン!」という文面に対し、部数減の事実はないと反論。修正を求めたが新潮側が応じなかったため、こちらも広告掲載拒否に至った。

「週刊誌にとって見出し広告は多くの読者の目に触れるため生命線です。ましてや『文春』、『新潮』は、表紙に内容キャッチを打ちませんから、中身を知ってもらう貴重な場を逃してしまった。ただし、広告掲載拒否は朝日新聞批判の格好の材料にはなるでしょうね」(週刊誌記者)

 中でも「週刊新潮」は、07年に朝日新聞の施設を連続して襲撃した赤報隊事件の真犯人を名乗る男の手記を掲載したが、後日、男の偽証によるまったくの誤報であると発覚する「ニセ赤報隊実名手記事件」を起こすなど、朝日新聞との間に禍根を残していた。

「これまでの『文春』、『新潮』の見出し広告でも、朝日批判のフレーズがあった場合は“●●新聞”と黒塗りにするなどの対処がなされてきました。しかし、広告自体が拒否されるのは珍しい。2007年には大企業の内幕を描いた『トヨタの闇』(ビジネス社)の書籍広告を日本経済新聞が拒否した例もありますが」(前出・同)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。