>  >  > 月に宇宙人の秘密基地が!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

「月には宇宙人の基地がある」――米国議会でこのような議題が上がるほど、人類は月に対して強い興味を抱き続けてきた。はるか昔から、人は月に様々な思いをはせ、たくさんの物語も生まれた。そして衛星探査機が月面を探索している現代にあっても、月はいまだ私たちの心を捉えて放さない。


■謎の構造物がグーグルアースで発見される

 そんな月の地表に、新たに構造物のような物体が発見され、「宇宙人の月面基地では?」と話題を集めている。ダウンロード版グーグルアースの月面座標「19°43'02.81"N 20°30'52.97"E」で、誰でもその構造物の姿を確認することができる。

 UFO研究家のスコット・ウェアリング氏によると、この画像から“構造物には直角の部分が8個あり、建物の下には巨大な地下空洞、そして周辺を囲む外壁までも備えている”ことが分かるという。

alienbase1.JPG
実際に確認してみると、外壁をぐるりと囲まれた巨大な「城」のような印象である
画像は「Google Earth」より
alienbase2.jpg
月の全体図。赤い十字部分が今回発見された構造物の場所である
画像は「Google Earth」より

 現在、月面には数百万個のクレーターが確認されている。日本の月面探査機「かぐや」が世界初のハイビジョン撮影に成功し、画質も徐々に向上してはいるが、月面の詳細をはっきりと確認できる日はまだ遠い。そのため、今回の構造物においても様々な憶測が飛び交っている。しかしオカルトファンの間では、むしろ「ロマンがあっていい」と受け止められているそうだ。


■過酷な月面環境にあって、果たして基地として有効か

 先に述べた月面探査機「かぐや」は、2009年に世界初となる巨大な垂直の竪穴を発見した。月の地下空洞へと続く巨大な穴では、宇宙線やマイクロ隕石から身を守ることができ、昼夜の劇的な温度変化も生じにくいため、月に滞在する生命にとって地下シェルターや活動拠点とするのに適しているという。現在までに、数十メートルの深さがある竪穴が200ほど確認されている。

 今回発見された構造物が、ウェアリング氏の指摘通り巨大な地下空洞も備えているとすれば、「月面基地」として大変有効であることが想定される。では、ここを拠点とする宇宙人は果たしてどこにいるというのだろうか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。