>  > ヒルサイドの絞殺魔 ― 12歳を強姦、洗濯洗剤注射拷問

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

hillside0918.jpg
ロサンゼルス「YouTube」より

 連続殺人鬼は単独で犯行を行うことが多いとされるが、稀にコンビを組む者もいる。70年代にカリフォルニア州で、10人以上の若き女性たちを次々と拉致し、強姦、拷問、殺害して、全裸のまま遺体を人目につく場所に捨てた「ヒルサイド・ストラングラー」連続強姦殺人事件も、従兄弟による犯行だった。

『コピーキャット』『ヒルサイド・ストラングラー 丘の上の絞殺魔』というタイトルで映画化までされたこの連続強姦殺人事件は、この上なく後味の悪い事件になったことでも知られている。残虐非道な「ヒルサイド・ストラングラー」こと、アンジェロ・ブォーノとケネス・ビアンキとは、一体どのような人間だったのだろうか。


■アンジェロ・ブォーノ、生粋のワル。しかし最強にモテる男

 アンジェロ・ブォーノは1934年10月5日、ニューヨーク州ロチェスターに誕生。5歳の時に両親が離婚し、妹と共に母親に引き取られ、カリフォルニア州グレンデールに引っ越した。成績は悪く14歳で友人相手に「アナルセックスをした」「少女を強姦した」とほらを吹いたり、強盗強姦魔として有名な死刑囚キャリル・チェスマンのことを「オレのヒーロー」だと言うようになる。キャリルについては「強姦だけじゃなく全員殺すべきだった」とも言い、女性をとことん卑下。母親を「あばずれ」「マンコ」と罵倒するようになった。

angelo-wakai.jpg
アンジェロ「YouTube」より

 16歳で学校を中退したアンジェロは窃盗罪で数回逮捕され、少年院に送られたが脱走。17歳の時に、捕まえられ再度少年院に入所した。退所した後、21歳で高校の後輩を妊娠させ結婚したが、1週間も経たないうちに家出。1956年1月に長男が生まれたという連絡を受けたときも「オレをパパと呼ばせるなよ」と言い、養育費支払いを拒否した上で、さっさと離婚手続きをした。ちなみに、長男誕生時、アンジェロは車両盗難の罪で刑務所に入っており、父親の自覚などこれっぽっちもなかった。同年、交際していたメアリー・カスティージョも男児を出産しているが、こちらはアンジェロにとって次男になるものの、アンジェロ・アンソニー・ブォーノIIIと命名し、自分の名前を継がせた。そして、翌年1957年4月にメアリーと結婚。同年第三子にあたる男児、翌年第四子にあたる男児、1960年に第五子にあたる男児が生まれ、1962年に生まれた第六子目でやっと女児に恵まれた。

 28歳で6人の子持ち(うち1人は育児拒否)となったアンジェロだったが、父親の自覚などなく、長女が生まれた年に再び警察に捕まり5日間刑務所に入っている。1964年にも、こそ泥で逮捕され短期間服役。また公になっていないが同じ頃、2歳になったばかりの長女を強姦したとも伝えられている。この年、メアリーは離婚を申請。理由は「暴力的で酷い性交渉を強いられること、日常的なDV、モラハラ」。子供たちが見ていても平気で強姦さながらにセックスしたり暴力を振うアンジェロに耐えられなくなったのだった。


■過激化する暴力的な性交渉 2歳の娘にまで…

 メアリーいわく、アンジェロの「暴行的で酷い性交渉」は結婚当初から行われており、手首足首をベッドの4つ角に縛り、殺されるかと思うほど激しいアナルセックスをされたとのこと。アンジェロは性交渉中にメアリーが痛がったり、恐怖心を見せることを好み、自分の指示通りの行為をしないときには容赦なく暴力を振るった。また、アンジェロは母親を傷つける姿を、子供たちに見せびらかすこともした。その上、たった2歳の娘にまで性的な暴行を加えるようになり、メアリーは耐えられなくなってしまったのだった。

 離婚後、メアリーは養育費もとれず生活保護に頼り5人の幼い子供たちを育てようと必死になったが、心が折れてしまい、すぐに復縁できないかとアンジェロにすがりついた。しかし、アンジェロは彼女に手錠をかけ、腹部に拳銃をあて、オレにつきまとうと殺すぞ!と脅し彼女をつき放した。

 1965年、31歳になったアンジェロは25歳になる2児のシングルマザー、ナネット・カンピーニャと知り合い、彼女の家に転がり込んで同棲を開始。ナネットは1967年にアンジェロにとって第七子にあたる男児を出産したが、アンジェロは車両盗難をやめず、この年にも逮捕され禁錮1年の刑に処された。しかし、裁判官は沢山の子持ちであることを考慮し、養育費を払うために仕事をしなければならないからと禁錮刑を取り消した。アンジェロは養育費など払っていなかったが、払っているふりをし続け同情を得たのだった。ずるい手を使い、自由の身になったアンジェロはナネットの元に戻り、メアリーにしていたように性的暴行、DV、モラハラ三昧の日々を送るが、「オレから離れたらぶっ殺す」と脅されていたナネットは彼に従い続けた。1969年には第八子にあたる男児が誕生するが、アンジェロは父親らしいことは一切せず、ナネットの連れ子の娘が14歳になった1971年に、「そろそろ貫通しなきゃな」と強姦。毎日のように性的暴行を加えるようになり、さすがのナネットも殺されることを覚悟しながら子供たちを連れて彼の元を去った。


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?