>  >  > 『24時間テレビ』のギャラにまつわる疑惑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
24h.jpg
画像は『24時間テレビ 愛は地球を救う』公式HPより

 チャリティ番組として長い歴史を誇っている『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ)。社会的にハンデキャップがあり、お金を必要としている人たちに募金を集めて届ける仕組み自体は否定されるべきものではないが、その詳細については以前から疑問符がつく部分が多々ある。最たる例が出演者のギャラに関してだ。

 日本テレビは、番組のメインMCやパーソナリティなどの出演者に出演料は発生していないとのスタンスを貫いているが、先日放送された『ワイドナショー』(フジテレビ)で、ダウンタウンの松本人志が過去に同番組に出演した際、「ギャラは受け取った」と発言している。日本テレビとしては、この発言も否定したいのかもしれないが、そもそも「チャリティ番組は出演料を払ってはいけない」という考え方がおかしいのではないかとの声もある。

「『24時間テレビ』は番組を放送して世の中からお金を集めているわけで、その方法が悪いわけではないのに、必死になって“出演者はノーギャラです”と訴える姿はちょっと変ですよね。じゃあ、スタッフも全員ボランティアなのかと言えば、そうではありません。多くの制作会社やスタッフが関わっていますが、それぞれ人件費が発生しています。これらは番組スポンサーが払っているお金によって賄われているので、募金を使っているわけではありません。募金をギャラに使っていたら問題でしょうが、そうでもないのに否定しなくてもいいのにって思いますよ」(制作会社スタッフ)

 たしかに『ワイドナショー』においても松本人志が「それはやっぱり仕事やから」と発言していたように、多くのタレントやスタッフが働いている以上、そこにお金が発生していることが悪いとは言い切れない。

「ネット上では“スポンサーが番組制作費に回すお金を、そのまま募金すればいい”などという考え方も見られるようですけど、番組として放送することで周知をはかることができるのは間違いありませんし、企業だって偽善と言われようが自社のイメージ向上になることなので放送していくことに意義はあるはずです」(テレビ番組放送作家)

 このような意見もあるように、出演者もタレントも堂々とギャラをもらっていいはずだが、それができないのが今の実情のようだ。しかし、司会者にしてもマラソンランナーにしても高額なギャラを払えば、どこからか話が漏れてもおかしくなさそうなものだが、そのような話は聞かない。そこにはカラクリがあるという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。