>  > 坂上忍にブチ切れは当然?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

TV Journal編集部

,

坂上忍

,

笑い飯

waraimeshi.jpg
画像は、吉本興業、笑い飯公式プロフィールより。右が哲夫

『2014上半期テレビ番組出演本数ランキング』(ニホンモニター株式会社)で16位に食い込んだ坂上忍。2013年から2014年を象徴するブレイクタレントの1人だが、そんな坂上にブチ切れた芸人がいる。

 それは、『24時間テレビ37 愛は地球を救う』(日本テレビ)内のコーナー「朝まで生しゃべくり007」でのこと。

 坂上が、笑い飯の哲夫が自身を批判していることを聞きつけ、「白黒つけたい人」として哲夫を逆指名するというコーナーが用意された。

 通常であれば、哲夫が恐縮し、坂上に謝罪をするパターンという流れになりそうだが、事態は予期しない方向に進む。なんと、哲夫がここぞとばかりに坂上に食ってかかったのだ。

「バラエティ番組に出たい芸人はたくさんいる(中略)芸人が出るべきところに俳優さんがいるのはおかしい」と熱弁した。哲夫は、第49回上方漫才大賞を受賞した際にも「昨今の全国番組は人の悪口を言うようなものが多く、国民の皆さんの疲れを癒せていないと思う」と坂上をけん制していた。

『24時間テレビ』という大舞台ということもあってか、哲夫は更なる批判を展開。

 コーナーMCであるくりぃむしちゅーの上田哲也が「坂上さんと芸風カブってないじゃん?」「それは(坂上さんをキャスティングする)スタッフの問題じゃない?」と聞いても、「芸人が出るべき所に俳優さんが出ているのがおかしい。(TVに出ていない芸人には)色んなお笑いやりたい人がいる。(中略)(坂上には)ドラマ1:9俳優の割合で出てほしい」と持論を曲げない。

「坂上さんは毒舌キャラで売っている訳じゃないですか? 何か質問がくると、芸人だったら面白いことを考えてファっと返すんですけど、坂上さんは『何でそれに答えなければいけないんだよ!』と突っぱねる形の笑いなんですよ。ハッキリ言って、それって簡単なワケですよ。凄く簡単ですけど、芸人はあえてしない。僕なら『鼻くそ三兄弟を作ってました』とか言う」と力説する。

 ただ、坂上が「(公の場で)僕を批判するということは、あなたで言う僕と同じ土俵に下りちゃうことじゃないですか?」

 と尋ねると、哲夫は行き詰ってしまう。

 すると、坂上が「おまえもうちょっと面白いこといえよ」と突っ込む。

 この言葉に哲夫の表情が一変する。

「『お前もうちょっと面白いことやれよ』っていう、このやり方が汚いんですよ。僕は『鼻くそ三兄弟』っていうフレーズを(ボケで)放り込んだんですよ」と言い、芸人は身を削ってボケるのに、坂上はそれを一蹴することで「セコい笑いを取っている」とブチ切れた。

 このやりとりをどう思ったか? ある制作会社のスタッフに聞いた。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。