>  > 【閲覧注意】戦慄、生まれた我が子は一つ目だった…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

※2ページ目は刺激の強い写真が含まれます。

単眼症」をご存じだろうか。サイクロピアとも呼ばれ、人間だけでなく動物にもみられる非常に稀な先天奇形の一種である。特徴としては顔の真ん中に大きな1つの目があり、機能しない鼻が額や口の上から生えているケースが多い。治療法は無く、なにより生まれてくるまで分からないこともあり非常に厄介といえる。中には、出産直後に単眼症と分かった我が子を受け止めきれず「モンスター」呼ばわりして悶絶してしまう両親もいるという。

 その破壊力の凄まじさを物語るのが2012年7月にアフリカのカメルーンで生まれた赤ん坊だろう。横たわる赤ん坊のサイズからも分かるように臨月を過ぎてから産み落とされたのだが、超音波画像診断装置の無い病院だった為、妊娠中に異常に気づけなかったという。(アメリカ平和部隊のボランティア隊員のブログより)

 単眼の発症原因は今のところはっきりしない。しかし「ベイビーメッドコム」によれば、妊婦がアル中や糖尿病の場合、胎児が単眼症になる確率は健康な妊婦の200倍だという。また、妊婦が胎内に高い毒素を取り込むと発症するともいわれており、このカメルーンの母親の場合、病院から遠く離れた茂みの中で生活していたことから毒性植物を摂取した疑いが濃いそうだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?