• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
180px-Ichiya_Kumagai.jpg
熊谷一弥選手 Wikipediaより

 9日、テニスの全米オープン決勝にて、惜しくも敗れてしまった錦織圭選手。しかし、熊谷一弥(くまがい いちや)氏以来96年ぶりの4強入りを果たし、さらに日本人初の決勝に勝ち進むという大きな偉業を達成した。

 錦織選手にばかりスポットライトが当たっているが、まだ日本のテニス界が黎明期であった約1世紀前に伝説を打ち立てた熊谷一弥選手もまた、想像以上に凄すぎる選手であった。


■軟式主流の時代に世界を睨む熊谷

 熊谷選手(以下、熊谷)は、1890年(明治23年)福岡県大牟田市で誕生。上京し、慶應義塾大学に進学するまでは野球部の主将を務め、陸上の中距離走でも活躍したスポーツ人であった。

 この時、日本におけるテニスの歴史はまだ浅い。

 貿易の窓口として横浜港が1859年(安政6年)に開港し、山手の外国人居留地に移り住んだ英国人によって持ち込まれたというテニス。今や観光地となっている「港の見える丘」公園より歩いて10分ほどの場所に、日本初の西洋式の公園である山手公園が作られ、1876年(明治9年)にそこでローンテニスがプレイされたのが日本テニスの発祥である。今でも山手公園に行けば同じ場所に記念としてクレイコートがあり、面影を忍ぶことができる。

 ただ、このローンテニスは今のテニスと違ってまさに貴族の遊び。プレーする大半は女性で、格好も頭にボンネット、ロングスカートに長手袋と、大変ゆったりとしたものであった。いわばテニスは社交の一環だったのだ。男性による激しいスポーツとしてのローンテニスは少数であった

 しかし、フェリス女学院をはじめ、共立女学校(現・横浜共立学園)など、横浜の女子学園が教育の一環にテニスを取り入れるようになり、だんだんとテニスが浸透することになる。だが、我々が目にする黄色の硬球は舶来品で値段も高く、どうにかできないものかと試行錯誤のすえ生まれたのが、硬球をゴムボールで代用した軟式テニスであった。ゴムボールの採用によって、ラケットも独自のものが開発され、さらに独自のルールが作られ、テニスの普及に貢献することになる。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。