>  > TVに出ている霊能力者はニセモノばかり!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
0912excist_top.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 芸能人が心霊スポットを歩き、その映像の中に心霊現象らしきものが現れる…。

 テレビ業界において、心霊番組は夏の風物詩ともなっている。そんな心霊番組には幾つかのパターンがあるものの、古くからあるのが上記のような作りだろう。

 このような心霊番組に欠かせない存在が、霊能力者である。霊能力者を自称する人はもちろんのこと、タレントの中でも霊感が強い人間が、この役目を担うことがある。彼らが現場にいるため、万が一にも霊に乗り移られても安心というわけだ。しかし、実は『ロケ現場にはもう一人、欠かせない役割の人間がいる』と放送作家が明かしてくれた。

「テレビの心霊番組には、“番組には出ない霊能力者”がロケ隊の後方で待機しています。これは本当の意味で“何かあった時のため”に、です」(テレビ番組放送作家)

 たしかにロケ現場で、出演タレントが「気分が悪い」など不調を訴えるケースもある。しかし、そのような場合にこそ、番組に出ている霊能力者が本領発揮する場面だと思うのだが…。

「要はテレビに出ている霊能力者やお坊さんなどは、所詮はタレント化した人々です。キャラが強く、テレビ受けする人たちなので、番組的にはありがたいのですが、実際に能力があるかと言うと、そこは微妙なんです。そのため、このようなタレント霊能力者とは別に本物の霊能力者にも協力してもらって、万が一のことがあったときに備えてもらっているんです。

 昔はよく、出演している霊能力者に除霊を行なってもらってもダメな場合がありました。そんなときにはロケバスにスタンバイしている霊能力者を呼んで、本物のパワーを使って払ってもらっていましたよ。それまで震えていたタレントが嘘のように落ち着きましたから、さすがとしか言いようがありませんでした」(制作会社スタッフ)

 心霊番組には、“本物の霊能力者”が備えている。…ということは、番組に出ている霊能力者には能力がないということなのか。

関連キーワード

コメント

3:匿名2015年10月 1日 11:02 | 返信

インチキ代表の織田無道

2:匿名市営安倉南304藤谷円光2015年5月26日 14:32 | 返信

宗優子、神島剣二郎さんはどうかな?
池田武央は(笑)

1:匿名2015年3月30日 05:18 | 返信

なるほど

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。