>  > 虫食いの前に知っておきたい5つのルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ムシモアゼルギリコ

,

昆虫食

0926hachinoko_top.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 下級生の口にダンゴムシを入れるなどの暴行が野球部内で発覚し、大会への出場を辞退。とある芸人の元恋人は「ゴキブリやイモムシを無理やり食べせられた」と告白。度々こんな“虫を使った嫌がらせ”のニュースが報じられる。加害者は、「ちょっと悪乗りしちゃった(テヘ)」くらいのつもりなのかもしれないが、これらは「強要罪」という立派な犯罪であるし、健康を害する可能性だって、もちろんある。

 さて、このように「ノリでやってみた」行動がトラブルを招くのは、日本における昆虫食においても少なくない。昨今、昆虫食が話題にのぼる件数が増え、興味を持つ人の数も急上昇。

 それだけに「まとめサイト」や「バイラルメディア」にもコピペ記事が流れ出し、出典元のよく分からない、適当な情報が蔓延しつつある。しかし、昆虫食についての情報はまだまだ行きわたっていないため、『ゴキブリを食べたらお腹の中で卵がかえって死んだ人がいる』なんて都市伝説が一部でいまだに信じられているのも(えー)、致し方のないことかもしれない。

 そこで僭越ながら、昆虫食に興味を持ったら知っておきたい「むしくいルール」を、改めてアナウンス。「好きに食べればいいじゃない」、「自分の食べ方にはポリシーがあるんで!」なんて主張もあるかもしれないが、食のマナーや衛生管理は、健康や人間関係を構築する重要案件。まずはご一読いただき、虫を食べる際の最低限の知識を、あなたの引き出しのひとつに入れておいていただけないだろうか?


■知っておきたいむしくいルール1

【“生食い”は、感染症リスク大!】

 昆虫食文化における「虫」は、加熱して食べるものがほとんどである。ところがそれとは別に、「生食い」に挑戦する人がパラパラと現れる。それがプロによるエンターテインメントの演出であるなら、とやかく言うつもりはないのだが、「エクストリーム・昆虫食」なノリで、または周りに勧められるがまま、生食いするのは絶対にダメ。

 それは虫を生で食べると(ペットショップで養殖されたものは特に)、サルモネラ菌による食中毒を起こす可能性が高いからだ。さらに、野外で採集した場合は、野生動物に感染する寄生虫や雑菌が混入している可能性もある。そのため、万が一、人に感染した場合は、予想できない重篤な症状になることもある(「寄生虫 迷入」で検索してね!)。

 虫も普通の食品と同じように、“75度で1分以上”の加熱が基本である。だから、申し訳程度にササッと加熱して出されたような虫料理にも、口に入れないほうが賢明だ。「出されたものは残さず食べる」というマナーは、ここではそっと忘れておこう。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。