>  > 前身はナチスの人体実験! CIAの洗脳計画「MKウルトラ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■キリスト教系カルト教団「人民寺院」の集団自殺

jimu-1.jpg
画像は、YouTubeより。3ページ目にモザイクなしを掲載しています

 かつて世界を震撼させたカルト教団による集団自殺事件があった。

 1978年11月28日、南米のガイアナにおいて共同生活を送っていたアメリカのカルト教団「人民寺院」。その信者が、教祖ジム・ジョーンズの指示により集団服毒自殺した。ジム・ジョーンズも拳銃で頭を撃ち抜いて自殺。死者は1,000人近くにものぼり、累々と横たわる死体の山の映像は全世界に恐怖を与え、終末の様相を彷彿とさせた。そして、この事件はカルト教団の恐ろしさを人々の心に焼き付けたのだった。

 一見すると、ただのカルト教団の教祖の妄想に巻き込まれた集団自殺事件にしか見えないが、実はこれが仕組まれた陰謀であるという説はご存知であろうか?


■「MKウルトラ」とは?

150px-Donald_Ewen_Cameron_canmedaj01237-0046-a.jpg
キャメロン博士。Wikipediaより

 CIA(アメリカ中央情報局)は戦後、ナチスの科学者を招聘して、ロケット開発をはじめとするさまざまな研究実験を行った。これが「ペーパークリップ作戦」だ。その中で、朝鮮戦争において、米の捕虜が洗脳によって共産主義を信じ込まされたことに注目し、洗脳に特化した計画として立ち上がったのが、1953年~1960年代後半にかけて実践された「MKウルトラ」である。当初の目的は洗脳の研究やスパイの自白薬の開発であった。しかし、やがて、人間の精神を意のままに操って殺人マシーンに変え、忠実な兵士として戦争に利用したり、冷徹な暗殺者に仕立てあげるといった洗脳計画に発展していったといわれている。

 この計画の公式の責任者はCIAのドナルド・ユアン・キャメロン博士で、この計画に参加した研究者は数百人にものぼるという。彼は、別次元の宇宙世界から飛来し、人類を創世したとされている「レプティリアン(爬虫類人)」家系(スコットランド)出身のエリートだっという噂もあるのだが、性格はとにかく冷徹で残忍だったといわれている。『フランケンシュタイン』に影響されて精神科医となったというから、筋金入りのマッドサイエンティストだったのだろう。そんな彼に、CIAは60,000ドル以上を研究費として支払ったとされている。ちなみに、彼に記憶喪失にさせられたリンダ・マクドナルドという女性は、実験によって完全に記憶を消され、夫も子どものことも思い出せなくなっただけでなく、トイレの使い方までわからなかったという。また、科学者たちは互いに開発したLSDを用いて、自分で人体実験を行うこともしたが、のちに一般人も巻き込んだという話もある。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?