• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 愛するペットが亡くなった時、多くの人はその亡骸を庭に埋めたり、ペットのための火葬サービスやペット霊園を利用するようだが、中にはその亡骸を手放せず、ある方法で保存しようと試みる人がいる。その中でも目を疑うような方法を9月9日付の「Mirror」が紹介している。


■覗いてみよう 剥製の世界!

stuffed1.JPG
ジェットエンジンと一体化したサメの剥製。凄い早そうですね 画像は「YouTube」より

 イギリスのテレビ局、チャンネル4ではこの秋から新しく「All Creatures great and Stuffed」というドキュメンタリー番組を放送している。この番組のコンセプトは「剥製の世界をもっと近くで見てほしい」というもので、ペット愛好家たちが、死んでしまったペットを手放せず、剥製にして手元に置いておくまでを伝えている。


■華麗に飛びます!? 猫ヘリコプター!!

stuffed2.JPG
何だか複雑な気分になってしまう「オーヴィルコプター」 画像は「YouTube」より

 番組出演者の1人、バート・ジャンセン氏は死んでしまった彼の愛猫「オーヴィル」を「猫ヘリコプター」という名の芸術作品へと変身させた。すでに剥製になっていたオーヴィルを、特別にデザインした空飛ぶ装置に取り付けたのは、ラジコンヘリコプターの操縦士であるアージェン・ベルトマン氏だ。愛猫の名前であるオーヴィルとヘリコプターを合わせて「オーヴィルコプター」と名づけられたこのユニークな作品(と言ってもいいものだろうか?)は、オランダのアムステルダムで行われているアートフェスティバルに出展され、人々の注目を集めているそうだ。

stuffed3.JPG
Channel 4」のHPより ライオンや虎の剥製に囲まれたジェーンさん

 また同番組では、イギリス北西部のブラックバーンという町に住んでいる剥製職人で通称「ジャングルのジェーン」という女性についても紹介している。

 この女性はハイウェイなどで交通事故により死んでしまった動物達を剥製にしてネット上で販売しているようだが、彼女の夢は店を構えてキツネのフェイスマスクや、泡につつまれたユニコーンネズミ…など、ユニークな芸術品を販売することなのだと言う。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。