>  >  > 知られざるテレビ報道現場の真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

吉沢ひかる

,

報道

,

朝日新聞

0925houdou_top.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 朝日新聞の誤報問題によって、多くの人がメディアに不信感を抱くようになった。これを朝日新聞だけの問題と片付けるのは簡単だが、全てのメディアが肝に銘じなければならない問題でもある。そんな折、新聞同様に巨大マスコミとして君臨する各テレビ局では、どんな姿勢で報道が行なわれているのかを現場にいる人々に聞いて回った。

 テレビのバラエティ番組などは、編成局と呼ばれるセクションが担当しているが、ニュース番組は全て報道局が制作している。花形とされるセクションであり、テレビ局の上層部であっても内容に口を挟めない聖域である。だが、その内実は“ひどい”と言わざるを得ないものであった。 

「テレビの報道現場では正確性こそ尊重されていますが、その一方でニュースをセンセーショナルに打ち出しています。たとえば最近話題の『デング熱』など、その代表例ですよ」(テレビ番組制作会社スタッフ)

 デング熱と言えば、ここ最近は多くのニュース番組で感染者の増加が伝えられている。だが、その裏側にはひとつの意図があるという。

「デング熱は感染したら高熱が出て、重症化すると死に至ることもある。そのため、感染を防ぐことは重要で、報道することに意義はあるんですが、その報じ方がひどいんです。まるで、『蚊に刺されて感染したら即座に死ぬ!』、と言わんばかりの報道を各局が行なっていました」(テレビ番組制作会社スタッフ)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。