>  > 神戸女児遺棄事件と類似 シンガポール犯罪史上最も後味が悪い事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

175467015.jpg
画像は、事件とは関係ありません

 今月11日から行方不明になっていた神戸市長田区の小学1年生女児(6)が23日、自宅近所の雑木林でバラバラ遺体で発見。人懐っこくて愛らしく、大きな日傘を差して外を歩くのが大好きだったという少女だった。

 何重にも重ねられたポリ袋に入れられていた切断遺体が発見された翌24日には、付近に住む男(47)が死体遺棄容疑で逮捕されたが、経緯を追及する警察に対して黙秘し続けているとのこと。動機など、事件の真相解明にはまだまだ時間がかかりそうである。

 今から10年前の2004年10月。治安がよいことで知られるシンガポールで、今回の事件と類似した事件が発生した。シンガポールの犯罪史上、最も後味の悪い事件として伝えられている「黄娜殺人事件」である。


■黄娜ちゃんの生い立ち

HuangNa.jpg
黄娜ちゃん「Wikipedia」より

 黄娜(Huang Na)の母・黄淑英(Huang Shuying)と父・鄭文海(Zheng Wenha)は中国福建省ホ田市出身で共に1973年生まれ。1995年に出会い、その後間もなくして黄娜を妊娠し、2人はいわゆるデキ婚をした。

 翌年、両親はよりよい暮らしを求めてシンガポールに行き、不法滞在しながらパシル・パンジャン卸売市場で働き始めた。しかし、夫婦仲は悪く、父親の鄭文海が浮気をしたことが原因で2人は離婚。黄娜の親権は母親である黄淑英が取得し、彼女はその後知り合った福建省出身の実業家と再婚。2003年には2人の赤ん坊が誕生した。

 2003年5月、黄淑英は子連れの母親を対象とした学生ビザを取得し、シンガポールでの合法滞在を開始。職場であるパシル・パンジャン卸売市場に住み、黄娜は近くの小学校に通った。黄娜は人懐っこく、年齢関係なく誰とでも友達になれるような明るい子だったとのこと。活発な子でもあり、市場を遊び場として、遅くまで家に戻らないという若干放置子的ともいえる生活を送っていた。

 そんな黄娜が2004年10月10日、パシル・パンジャン卸売市場近くのフードコートで目撃されたのを最後に行方不明になった。最後に目撃された時の格好は、ひざ上までの半ズボンにブルーデニムのジャケット、そして裸足だった。そのため、遠くに行ったとは考えられず「誘拐されたのではないか?」と懸念された。

 事件当日、黄淑英は中国に一時帰国中で、同居している友人に黄娜の世話を頼んでいたが、友人にも仕事があったため、黄娜は家には帰らず、いつものように市場をうろうろしていたのである。


■容疑者は黄娜ちゃんの遊び相手の男

 黄娜が行方不明になり、黄淑英はすぐにシンガポールに戻り、朝昼晩、娘を探した。警察だけでなく大勢のボランティアも、黄娜探しに協力した。警察は有力な情報提供者には1万シンガポールドル(約86万円)の懸賞金を支払うとし、隣接国であるマレーシアにも捜査協力を要請。国をあげて8歳の愛らしい黄娜の行方を追った。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?