• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

UFO

,

サウジアラビア

,

宇宙人

,

物語

,

羽仁礼

――超能力、心霊現象、UFO、など、いわゆる「超常現象」分野に深い造詣を持つオカルト研究家・羽仁礼が解説!

Saudi.jpg
イメージ画像

 UFOの存在が初めて公式に認知されたのは、1947年に米国・ワシントン州で発生した「ケネス・アーノルド事件」である。その日以来、現在に至るまでUFOは世界各地の空を席巻し、いまだ世間を騒がせ続けている。そこで、事件の起きた6月24日は「国際UFO記念日」とされている。しかし実際には、「ケネス・アーノルド事件」よりも遥か昔から、空に奇妙な飛行物体が目撃されたとの記録は多数存在しているのだ。


■世界中に残る、UFO伝承

GiottoDiBondone.jpg
ジョット/東方三博士の礼拝「Wikipedia」より

 それらのうち世界最古の記録は、紀元前15世紀のエジプトのものであるが、他にも『旧約聖書』でモーセたちを導いた「火の柱」や「煙の柱」が、実は異星人が乗ったUFOであるとする説、イエス・キリストの生誕時に現れた「ベツレヘムの星」もUFOであったとする説がある。

 また、中世フランスには「空中にマゴニアと呼ぶ領域が浮いている」という伝承があり、9世紀には、マゴニアと地上を結ぶ空飛ぶ船から落ちてきた人物が捕らえられたとの記録も残っている。それだけではない。『ガリバー旅行記』に登場するラピュタは「巨大な円盤」そのものであるし、イタリア・フィレンツェにあるヴェッキオ宮殿の聖母画や、ルーマニアのシギショアラの教会の壁画にも、UFOとしか思えないような謎の物体が描かれている。

Kaguyahime.jpg
月岡芳年/月宮迎「Wikipedia」より

 そして日本に目を向ければ、『竹取物語』の主人公・かぐや姫は、まさに月から地球を訪れた月人であるとも言えるし、終幕で現れる光り輝く雲もUFOを思わせるものだ。また、『浦島太郎』に登場する亀も、その形が円盤を連想させるし、龍宮城で数日過ごした浦島太郎が地上に戻ると既に数百年が経過していたという件は、アインシュタインの相対性理論による時間の遅延そのものとする説さえある。このようにUFOとの関わりを暗示する要素は、世界各地の伝承や文物の中に見られるのだ。

 さて、中東の国サウジアラビアにも、UFOを想起させる物体が登場する、非常に奇妙な民話が伝えられている。今回はこの民話のあらすじを紹介しよう。


■サウジアラビアの奇妙な民話

 今は昔、ある貧しい男が仕事を求めて故郷の田舎を離れ、町へとやってきた。そこで男は、とある家で掃除や買い物などをする下働きの仕事を得る。

 男は真面目に仕事に励んでいたが、奇妙なことに、その家には2人の少女しか住んでいなかった。しかし少女たちはお金に困っている様子はなく、必要とあればいくらでも金を渡して男に用を頼むのだった。

 1年が経つうち、男もさすがに不審に思うようになった。少女たちは何か仕事をしている様子もないうえ、誰か大人が訪ねてくるわけでもない。それなのにお金には困っていないし、何よりも2人だけで生活しているのが不思議で仕方がなかった。

 そこである夜、男は夜通し少女たちの動きを見張ることにしたのだ――。

関連キーワード

UFO

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。