• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1001ogihiro_main.jpg
※イメージ画像:『はじめての本格眼鏡』

「独特のセンスがある」、「どこか許せてしまう」と芸人たちから高い評価をうけているおぎやはぎの小木博明。ラジオでは、AKB48に君臨していた板野友美を酷評し、『IPPONグランプリ』(フジテレビ)では、大喜利の「ちょっとだけ不安にさせてください」というお題に、「今から来る娘、剛力彩芽似らしいよ」と発言するなど、怖いもの知らずな芸風は無双な雰囲気すらある。

 そんな小木にも、怖いタレントがいるらしい。そのトラウマができたきっかけは、おぎやはぎが準レギュラー化している『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)の人気企画「男気じゃんけん」でのこと。

 小木が、当時の状況を『ワイドナショー』(フジテレビ)にて明かした。

「(そのタレントとは)何回も一緒に共演させて頂いたんですけど、スゴイ優しい人なんです」と、まずフォローを入れる。

 そして、「ただ、一回頭突きされたことあるんですけど、本気でくるから、本当に僕はスタッフに『清原さんとは、あんまり、こういうのをやりたくない』って言いました」と元・読売ジャイアンツの清原和博に共演NGを出していたともとれる発言をしたのだ。

 小木は理由を続ける。

「プロレス的な小川(直也)さんとかは、痛く見えて、ちょっとこう(やわらげてくれる)。清原さんは本当に、頭突きされた時に、頭蓋骨折れたんじゃないかって、一回(現場が)シーンってなったくらい」と清原への恐怖が体にしみこまれているように語ったが、それだけで終わらないのが小木である。清原と「タメ口で喋れない」と言いつつも、「体のことをスゴい気遣っていて、ハワイに行ったのに、日焼けサロンに行くんです。体にいいからって言って。直射日光よりも体にいいんですって」と、遠回しに小馬鹿にしたような言い方をする。そして、ここからたたみかけるように“センス”を本領発揮するかと思いきや、離婚問題には「ノーコメント」を貫き、薬物疑惑に独特の言い回しをすることもなかった。どうやら本当に、小木は清原を恐れているようだ。
(文=TV Journal編集部)

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。