>  > 製薬会社の圧力? 危険ドラッグが野放しだった理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:危険ドラッグ, 川口友万, 製薬会社
アノ製薬会社の圧力にほかならない!? 危険ドラッグが野放しだった理由

 危険ドラッグは文字通りに危険な薬物だ。あれはそれまで合法ハーブや脱法ハーブといった名称で呼ばれていたものとは、まったく完全に別物である。 ■恐怖の体験! 危険ドラッグを吸引した!  私は今の規制がされる前に吸った。ハーブ自体の見かけは、それまで売られていた合法ハーブ類と変わりなかった。乾燥した緑色の植物の葉である。価格も同じだ。パッケージも大差ない。だから中身が違うとは思わずに買った。そ...

人気連載

ポール・オースターファンはなぜ“狂気の”ジャベスを知らないのか?

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

震災後の自主規制はいつまで続く? 今年の3.11、テレ東も放送映画を変更していた…

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...