• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 古い家が多いイギリスには、幽霊も多いのかもしれない。幽霊話と全く縁の無さそうな若いカップルさえも超常現象に悩まされ、ついにゴーストバスターズを雇う羽目になったという体験が、海外の複数のサイトで報じられた。


■引越し先の新居で恐怖のどん底へ

ghostfinder1.JPG
カップルは新居で様々な超自然現象を見た 画像は「YouTube」より

 新しく借りた英国・チェシャーの家で暮らし始めたダニエル・エバンストンさん(18歳)とブランドン・ウォータートンさん(20歳)のカップルは、幸福の絶頂のはずであった。しかし、“誰か”――もしくは“何か”が2人の生活を地獄絵図に塗り変えた。ダニエルさんは「恋人のブランドンと私は、ついに一緒に住むことになり、この家は私たちにとって完璧でしたし、これ以上望むものは何もありませんでした」と語っていたのだが――。

「友達が泊まりに来ていた日のことです。私は彼女にお茶を出そうとキッチンに行きました。すると床の上にコーヒー豆の缶が転がっていて、食器戸棚が開けっ放しになっていたので少し驚きました。私はかなり几帳面で、いつも食器をきちんと片づけ、戸棚にしまっているからです。でもその時は、ただ奇妙に感じただけでした」とダニエルさんは思い返す。

 その夜、ダニエルさんとブランドンさんが寝ていると、階下から物を叩き付ける様な凄まじい騒音が聞こえてきた。ブランドンさんは友人が物音を立てていると思ったが、念のため階下に行くと、玄関はしっかり鍵がかかっているにもかかわらず家具が動いていたという。友人にも確認したが、彼女はブランドンさんたちが音を立てていると思ったということだ。そして友人が去った後、奇妙な出来事は悪化の一途を辿ることになった。

まず水道の蛇口が勝手に開いて、浴室で水漏れがしました。また窓に手の跡がついていたり、ドアにナイフが刺さっていたこともあったのです!」とダニエルさんは、家で起こった超常現象について震えながら明かした。その他にも、リビングルームにあったドーナッツの袋が突然燃えはじめたり、鏡に『Get out(出ていけ)』というメッセージが書かれていたこともあったという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。