>  >  > 「心霊大国」インドネシアが説く、心霊科学!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 インドネシアが世界有数の「心霊大国」ということを、皆さんはご存じだろうか?

 ASEANトップの経済大国で、今後の飛躍が見込まれるインドネシア。世界中から莫大な投資を集め、まさに高度経済成長の只中にある国だ。

 ところがその一方で、「幽霊が頻繁に出没する国」としても有名だ。何しろ進出企業のためのトラブルシューティング集に、「悪霊に取り憑かれた社員への対応」という項目があるほど。ここはイスラム教が大半を占め、国民は幽霊など信じていないのでは? というのは大きな誤解。広大な国土の各地にいる職業魔術師が、それを証明している。

 さて、そんなインドネシアで今、ゴーストフォトグラフィー・コミュニティー(以下GPC)という団体が注目を浴びている。このGPCの目的は団体名の通り、首都ジャカルタやその周辺都市の片隅に潜んでいる幽霊を撮影し、幽霊の存在を科学的に立証することだ。2013年11月15日に結成したばかりの団体なのだが、その心霊写真が「怖すぎる!」ということでたちまちのうちに現地メディアの取材対象になった。

ghostindoneshia-1.jpg
GPC」公式HPより。怖すぎる…か!? 
indoneshia-2.jpg
GPC」公式HPより。うーん…。日本で言うところの「心霊写真」とは定義が違うようにも思えるが…。

 今回は大手ニュースメディア『Liputan6』が、GPC代表ミッキー・オクシジェントリ氏に取材したところ、心霊写真を撮影するにはある“ポイント“があるらしい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。