>  >  > ヴァイキングの要塞を新発見! 意外な事実が判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 ヴァイキング(海賊)といえば、怒声を上げて斧を振り回すような海の荒くれどもというイメージが強い。だが元来、彼らにとっては交易こそが航海の主な目的だった。とはいえ、貿易と侵攻遠征は別物ではあったが同時期に存在しており、名誉を重んじる彼らが、それを汚された場合に蛮行に及んでいたことは想像に難くない――。


■60年ぶりにヴァイキングの要塞を発掘

vikingfortress1.JPG
Telegraph」の記事より

 また、彼らは陸へ上がれば非常に優れた職人としても知られ、その技は当時、世界最高水準だったといわれている。そんな意外なヴァイキングの素顔だが、先ごろの新発見により、実は彼らが高度な技術を持つ建築業者であったことも明らかになった。

 場所はデンマークの首都コペンハーゲンからおよそ南西へ50キロ、バルト海に浮かぶシェラン島だ。ここでヴァイキングが建設したと思われる環状要塞が、国内で5つ目、実に60年ぶりに発見されたのだ。

 この古代要塞は直径が145メートル。外周をぐるりと防御壁で囲まれ、精密な幾何学図で成り立つ完璧な円形となっている。東西南北にゲートが設けられ、均等に四分割された中庭には、ロングハウス(樹皮張りの長屋)が建てられていた可能性が高い。ちなみに、この幾何学的デザインはヴァイキングによるイングランド侵略時代に、古代ローマ軍のキャンプを模倣したのではないかと歴史家は考えている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。