>  > 【シリア・北大生】重くも軽くもない「私戦予備罪・陰謀罪」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ごとうさとき

,

シリア

,

陰謀罪

118604445.jpg

 2014年10月、警視庁公安部は北海道大学の男を「私戦予備および陰謀」の容疑で事情聴取すると共に、都内の関係者先の強制捜査を行った。北大生の男は現在休学中で都内の友人宅に寝泊りしており、中東で過激なテロ活動を続けている「イスラム国」へ戦士として加わるために渡航準備中だった。この事件について刑事事件に詳しい、ごとう さときに聞いてみた。

―― 私戦予備および陰謀罪って聞きなれない罪ですね。

 刑法93条で「私戦予備罪・陰謀罪」というのが定められています。ただし定められているだけで、実際にこの罪の容疑で警察が動いたのは、史上初かもしれません。

―― そんなに特殊な犯罪なんですか?

 憲法9条を守って、70年近く戦争をしていないニッポンにとっては、相当特殊な法律です。具体的な内容は政府が関与しない個人レベルで、外国相手に戦争行為を仕掛ける準備をしたり(私戦予備罪)、戦争を仕掛ける計画を立ててはいけない(私戦陰謀罪)という法律になります。

―― 確かに変わってますね。勝手にする戦争行為を禁止しているわけですね。

 いえ、実はこの犯罪のもっとも変っている点は、禁じているのは「準備」と「計画」だけなんです。実際に戦争行為をしてしまった場合は、この罪は適用されません。だって“予備および陰謀罪”ですからね。

 戦争に関連した刑法なら、内乱を禁じた刑法77条の《内乱罪》と、その準備や計画を禁じた78条の《内乱予備・陰謀罪》がセットになっています。つまり内乱に関しては“準備・計画”の後、実際に“内乱を実行した罪”も定められているわけです。しかし93条の「私戦予備罪・陰謀罪」はセットになっているべき“私戦罪”というモノは、刑法のどこにも書かれていません。

―― えぇ?じゃあ、実際に私的な戦争を始めちゃったら無罪ですか?

 まぁ、刑法93条では罪に問えませんね。日本人の傭兵が犯罪者扱いされないのは、こうした法解釈があるからだとも言われています。リアルに国内で私戦をはじめちゃったヤツがいた場合は、他の現行法、たとえば「器物破損罪」や「傷害罪」、あるいは「銃刀法違反」なんかで裁かれると思いますよ。戦争なんて違法行為のオンパレードですから、適用できる犯罪は山ほどあります。

 とはいえ、近代刑法が制定されて、実際に「私戦予備および陰謀」を根拠に警察が動いたのは初めてです。初めてなんで、家宅捜索は強制的に行いましたが、当の北大生は逮捕できずに“任意の事情聴取”だけで終わりそうですね。」

―― 実際に逮捕されると、どんな刑罰になるんですか?

「確か量刑は『3月以上5年以下の禁錮』です。禁錮というのは刑務所にはブチ込まれますが、懲役みたいに労働は強制されません。でも最低刑期の3カ月だって、檻の中で何もすることがない状態が続いたら、拘禁症状が出ておかしくなっちゃいますね。つまり重いんだか軽いんだか、よくわからない量刑です。(※刑務所内では、禁固刑の者は希望すれば労役に参加できる。そして大抵の者は労役を希望する)」

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。