>  >  > 劣化を恐れる芸能人たちの異常な行動!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

劣化

,

吉沢ひかる

,

芸能人

460806767.jpg

 芸能人は“いくつになっても美しい存在”という先入観があるためか、最近は“あの芸能人が劣化した”と騒がれることが多くなった。しかし、芸能人であっても人間である以上は老いてしまうものであり、こうして騒がれることにはやや同情もする。

 だが、そんな世間の声を知ってか、ここにきて女性芸能人の多くが“劣化した芸能人の仲間入り”を恐れているという。それだけならまだしも、もはや異常とも言えるようなレベルの行動に走っているとの声が業界の各所から聞こえてきた。

「最近、女性芸能人を中心に『劣化恐怖症』が浸透していますよ。ネットでビフォーアフターの画像を並べられて比較されれば劣化したことが一目瞭然なので、そうならないようにメイクや照明に異常にこだわったり、スキンケアを必要以上におこなっている人が目立ちます。おかげでメイクのやり直しを依頼されることも増えてきていて、メイク担当としてはかなり迷惑ですよ」(バラエティ番組などで活躍するメイク担当スタッフ)

 たしかにやり直しが多ければ面倒ではあるが、これはまだ序の口だ。テレビ番組の制作スタッフからはこんな声も聞かれた。

「番組で使用する楽屋に加湿器を置いてほしいとリクエストを入れてくる女性タレントが増えました。20代後半から30代前半くらいのタレントさんに多いのですが、某情報番組にレギュラーで出ていた女性タレントなんかは、四畳半程度の楽屋にパワーのある加湿器を3台も置いてくれと言ってきたんです。理由は肌が乾くからとのことでした。要望通りにしましたが、彼女は毎週そこを使うので数カ月後にはカビ臭いというクレームが他のタレントから入ったそうです。おかげで局からも叱られ大迷惑ですよ」(番組制作会社アシスタントプロデューサー)

 四畳半に3台とは確かに異常だが、実は全てを楽屋で使っているわけではなかったらしい。

「3台のうちの1台はマネージャーに持たせて、前室で打ち合わせする際に使用したり、スタジオにも持ち込んでCM中などはそばに持ってこさせて身の回りを加湿するんです。周りのタレントやスタッフにとってもいい迷惑でしたね」(同・番組制作会社アシスタントプロデューサー)

 今では彼女のレギュラー出演はなくなったというが、他にも加湿器を楽屋に置きたがる女性タレントは数多くいるそうだ。さらに大型の音楽番組でも同じような光景があったという。

「4時間ぶっ通しの生放送など大型音楽番組になると、アーティストの楽屋を個室で確保することができません。そのため、同世代の女性歌手同士が会議室など大きめの部屋を共同使用するのが慣例です。しかし、ある人気女性歌手は大型キャンピングカーをテレビ局の駐車場に持ち込んだのです。個室を確保したいだけなのかと思ったのですが、打ち合わせで中に入ったらかなり暗くて、あれは美顔器のような物だと思うんですが、スチームの出るマシンを何台も身の回りに置いていましたね」(音楽番組スタッフ)

 さらに、この女性歌手は出演を終えて帰るまで終始異常な行動をとっていたらしい。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。