>  > 無数の触手がウネウネ、謎の海洋生物!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 シンガポールで、奇怪な姿と謎の動きを見せる海洋生物が捕獲されたとして、海外メディアが湧いている。数えきれないほどの触手(?)が一斉にウネウネとうごめく様子は、まるで地球外生命体かと思いたくなるほどだ。一見して生理的嫌悪感を抱く読者も多いのではないだろうか。詳細についてお届けしよう。

動画は「YouTube」より

 今月14日、英紙「The Daily Mirror」をはじめとする複数の海外メディアが報じたところによると、この謎の海洋生物は、シンガポールの南海上に位置するセントーサ島周辺で見つかった。発見者は、深海漁業を営む漁師オン・ハン・ブーンさん(54)だ。

 彼はその日、お気に入りの漁場に仕掛けた延縄が、浮き沈みする様子に気づいた。そこで手繰り寄せてみたところ、この謎の海洋生物が釣れたのだという。

「奇妙な生物を引き上げたことは何度かありますが、これほどのものは見たことがない」
「100本近い大量の触手……。ヒトデ、タコ、そしてエイリアンのようにも見える」(オン・ハン・ブーンさん)

 完全に面食らってしまった彼だが、謎の海洋生物の姿をビデオに撮影。友人たちに聞いて回るも、誰一人としてその正体を知る者はいなかった。また、インターネットの検索にも引っかからない。そこで、より多くの人に協力を仰ごうと、動画を公開することを決めたのだった。

「誰も特定できなければ、エイリアンか、新種の海洋生物を見つけたということでしょう」
「近年は汚染物質が大量に海に流れ込んでいるので、(それが突然変異などを引き起こしたとしても)決して驚くべきことではありません」

 こう語るオン・ハン・ブーンさんだが、果たして今回の発見は新種の海洋生物か、それとも突然変異体か、まさか本当にエイリアンだったのだろうか。正体に心あたりがある読者は、ぜひ名乗り出ていただきたい。
(編集部)

※追記(10月15日)
 “謎の海洋生物”の正体は「テヅルモヅル」ではないかとの指摘を読者の方よりいただきました。編集部でも確認したところ、どうやら今回はエイリアンではなく「テヅルモヅル」の可能性が高いと思われます。

※追記(10月16日)
 “謎の海洋生物”の正体について、さらに研究者の方より「ユウレイモヅル(Euryaleaspera)」ではないかとの指摘をいただきました。編集部でも確認したところ、確かに「ユウレイモヅル」にもよく似ているようです。エイリアンである可能性は、ますます低くなってしまったと思われます。

人気連載

奇習!九州で実在? 輪姦・相互鑑賞…なんでもアリな乱交貸し風呂

【日本奇習紀行シリーズ】 九州・某県 ※イメージ画像:Thi...

奇習!母娘の「親子丼」を正当化した邪悪な男たち―ある資産家男性の告白

【日本奇習紀行シリーズ】 北関東 ※イメージ画像:Think...

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。