>  > インドの海底遺跡のなぞに迫る
『近兼拓史のウィークリーワールドニュース』公開収録に潜入!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
141018WWN04.jpeg
右から、近兼拓史氏、サニー・フランシス氏、岩井万実氏。

 去る10月12日、兵庫県西宮市にあるカフェ&バー『インティライミ』にて、関西圏で話題となっているラジオ番組『近兼拓史のウィークリーワールドニュース』(ラジオ大阪)の公開収録が行われた。

 同番組のメインパーソナリティは、UFO、UMA、超常現象などなど、“世界で唯一信用できるニュース!?”をコピーに日々情報を配信している米ウィークリーワールドニュース(WWN)のエース記者であり、WWNジャパン編集長である近兼拓史氏。アシスタントは、タータンチェックの衣装がトレードマークのWWN美人編集者・岩井万実氏だ。さらにこの日は、WWNの“顧問”として、インド出身のタレント、サニー・フランシス氏も参戦しての収録となった。

 この日のテーマは、「インドの海底から古代文明の遺跡が発見か!?」。インドの西岸で発見され、話題となっているクリシュナ神(ヒンドゥー教の三大神、ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァのうち、ヴィシュヌの第8の化身)の聖地・ドワールカ神殿の海底遺跡について、近兼氏が実際に現地取材を行ったそのエピソードが公開された。

 ドワールカまでの険しい道のりと、ヒンドゥー教聖地ならではの現地取材の難しさ、さらには、現地に行ったからこそわかった海底遺跡にまつわる陰謀論まで……歴史が変わるかもしれない! ここでしか聞けないエピソードが満載だ。

141018WWN03.jpeg
ドワールカ神殿をバックに。

141018WWN02.jpeg
海底から発見された遺跡の破片。

 さらには、アニメ、特撮等の伝説のSF作品やそのルーツを紹介する『レジェンドSFスタディ』、安くても高性能なノーブランド家電の魅力を紹介する『安くてもスゴイ!ジェネリック家電』といった人気コーナーも生披露。『超電磁ロボ コン・バトラーV』誕生秘話に、『トップをねらえ!』に登場するガンバスターの奇跡、この冬に欠かせないジェネリック家電暖房器具の紹介まで、盛りだくさんの内容となった。

 台風19号が関西に向かうまさにその時、ファンたちの熱気に包まれる中行われた収録は、10月20日、27日の『近兼拓史のウィークリーワールドニュース』にて放送予定。ぜひ、その耳で確かめていただきたい。

●『近兼拓史のウィークリーワールドニュース』
ラジオ大阪 1314kHz
毎週月曜深夜24:00〜放送中
公式HP<http://www.weeklyworldnews.asia
★radiko.jpプレミアムなら日本全国から視聴可能!
★年明けより、ついに首都圏での放送もスタート!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。