>  > 地球温暖化が予想以上の速さで進行中!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

エコ

,

地球

,

杉田彬

,

,

温暖化

,

環境

,

研究

2047910540_82620d9481_z.jpg
画像は、flickrより

 温室効果ガスによって引き起こされるという地球温暖化、その存在を疑う声もあるが、気温の上昇が起きていることは確かだ。そして、われわれが思っているよりも、その状況は深刻かもしれない。というのも、今まで南半球の海水温の観測が不正確だったため、温暖化の状況を過小評価していたようなのだ。


■南半球の海水温は推測値よりも2倍以上高温に

oceanwarming1.JPG
Nature Climate Change」より

 今月初旬、科学誌「Nature Climate Change」に掲載された研究によると、南半球の海の直接観測と衛星から得られたデータや気候モデルとの比較から、今までの試算より2倍以上、われわれが排出した温室効果ガス中の熱を海洋が吸収していた可能性があるという。これはすなわち、温暖化の進行を大きく見誤っていたことを意味する。

 アメリカのローレンス・リバモア国立研究所に所属するポール・デューラック博士らの研究班は、海水温の直接観測の結果と推測値を、気候の長期的・量的シミュレーションである気候モデルの結果と比較した。すると、3つそれぞれの数値は、北半球の海水温の上昇について一致した一方で、南半球については異なる数値を示した。

 この結果から研究班は、南半球では直接観測の機会が限られていた事実に鑑み、南半球の海水温は1970年以降、推測値よりも2倍以上上昇していたと試算した。つまり地球の海は、今まで試算されていたよりも24~58%ほど、多くの熱エネルギーを大気から吸収していたということだ。

関連キーワード

コメント

1:匿名2014年12月25日 19:39 | 返信

Agro(アグロ)じゃなくてArgo(アルゴ)です

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。