>  >  > 山P騒動の戦犯は本当に赤西なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

TV Journal編集部

,

山下智久

,

赤西

1022giroppon_top.jpg

 ジャニーズ事務所に激震が走った。

 主演の『近キョリ恋愛』が興行収入で一位を獲得した山Pこと山下智久が、一般人女性の携帯電話を故意に壊したとして、器物破損で書類送検されたのだ。あまのインパクトに、フジテレビは「捜査書類送付」と表現し、ことの大きさを匂わせないように表現したものの、各メディアはこぞって事件を報道。その場には、関ジャニ∞の錦戸亮と赤西仁がいたことも明らかにされている。

 赤西といえば、『ごくせん』(日本テレビ)や『anego』(日本テレビ)の出演でブレイクしたものの、2010年公開の映画『BANDAGE』あたりから、ソロを希望するようになった。そして、KAT-TUNを脱退し、さらには2014年にジャニーズも退社。そんな赤西の名前があがったため、「赤西といたから山下もワルの道に染まった」という声が聞こえてくるが、実際はどうなのだろうか?

 TV関係者に話を聞いた。

「赤西は悪く言われていますが、実は凄く良い奴なんですよ。よく考えてみてください。山下も錦戸も29歳で、ともに大御所俳優たちとドラマで共演することも多い、普通に大人です。赤西が嫌な奴ならば、一緒にいないでしょう。赤西といるデメリットだってわかってながらも、それでも遊びたいっていうくらい良い奴なんですよ。赤西の問題は周りだと思いますよ」

 業界で言われる「赤西の周り」とは、どのような人物がいるのか。赤西が遊んでいる所を港区界隈で見たという人間に聞いた。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。