>  >  > 毒ヘビに噛まれた少女の壊死した脚がヤバい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ヘビ

,

ベネズエラ

,

切断

,

医療

,

 現在、写真共有サービス「Instagram」上で公開された一枚の写真が、あまりに衝撃的であるとして話題を呼んでいる。「juventudmedica」というユーザーネームで投稿されたこの写真は、南米ベネズエラの首都カラカスの病院で撮影された。キャプションによると、毒ヘビに噛まれた少女(13)の壊死した脚であるという。

SnakeBite.jpg
画像は「Instagram」より

 ヘビの毒がまわり、循環障害(「コンパートメント症候群」)を起こした少女の脚は、腐ったうえ、干からびて黒く変色している。しかし彼女の症状がここまで悪化した原因の一つには、適切な治療の開始が遅れてしまったこともあるようだ。なんと彼女は、病院へと搬送されるまでの1カ月間、地元の民間療法を受けていたというのだ。

 画像を見た英国リヴァプールの医師アルン・ゴーシュ氏は、今月27日付の「The Daily Mail」紙上で、「命を助けるためには脚を切断する必要があるが、それでも彼女は死亡するかもしれない」と語った。ゴーシュ氏によると、少女はすでに「横紋筋融解症」を併発していると考えられ、全身の筋力低下や低血圧、そして腎不全が起きることが懸念されるようだ。

「少女の身体には、筋力低下の徴候が見られる。もう片方の(噛まれていない)脚も痩せてしまっている」
「民間療法は、噛まれた後の感染症を治療するものであることが多い」
「彼女が解毒治療を受けたとは考えられない」
「神経が麻痺し血液が凝固してしまうヘビの毒は、民間療法で適切にコントロールできなかった」(ゴーシュ氏)

 その後の少女の容態については何の情報もないが、医師による適切な治療がなされたことを祈るしかない。
(編集部)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?