>  >  > 少女の遺体30体を“生きる人形”に加工した男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

X51.ORG

,

ミイラ

,

遺体

 2012年、ロシア中西部の都市ニジニ・ノヴゴロドで1人の男が逮捕された。男の名はアントリー・モスクヴィン、47歳の歴史家。逮捕時、警察がアントリーの自宅に踏み込むと、そこに広がっていたのは、想像を絶する光景だった。まるでゴミ屋敷のように散らかった部屋の中に、子どものミイラ30体が無造作に置かれていたのだ。子どもたちは1人1人化粧をほどこされて衣服を着せられ、まるで“生きる人形”のように加工されていた。

 警察によれば、モスクヴィンは過去に700以上の墓地を訪れ、150個の墓を盗掘したという。そのうち30体あまりを自宅に運び、ミイラ加工して自分の部屋に並べていたのだ。

mosgwin.jpg
モスクヴィンが保存していたミイラ「YouTubeより

 モスクヴィンは両親と同居していたが、驚くべきことに両親は「息子の“趣味”にはまるで気が付かなかった」と、警察に話している。


■娘を盗掘された被害者・ナターリアの悲しみ

mosgwin3.jpg
娘を亡くしたナターリア「YouTubeより

 娘を盗掘された被害者の1人、ナターリアは2002年、当時10歳の娘を何者かによって殺害された。少女は家を出たきり行方不明となり、その後自宅近くで撲殺された姿で発見された。そしてこの過酷な体験に追い打ちをかけるように、盗掘の被害者となった。埋葬から10年後、警察と一緒に墓を掘り返したナターリアは我が目を疑った。棺のフタ部分に穴が開けられ、娘の遺体が消えていたのだ。

「自分の子どもの墓が誰かに荒らされるなんてことは、想像もできないことです。私達夫婦は娘の遺体が盗掘されたことも知らずに9年以上も墓参りをしていました。しかし彼女はあの“獣”の家に置かれていたんです」


■不気味な手紙

 しかし、ナターリアが娘の墓の異変に気がついたのは、意外にも、埋葬から1年後の2003年5月からだった。

 献花した花が何者かに持ち去られていたのだ。それから奇妙なことは続いた。ある日墓参りに訪れると、そこには置き手紙が置かれていた。手紙の署名には“親切な天使”という名前が書かれていた。

「その頭のおかしい手紙の書き主は、『娘が今日で何歳になった』とか、『今日は学校の始業式』とか、まるで娘が生きているかのように、出来事を書いていたんです。例えば『今月で6年生も終わりです!』というように」

 事実、モスクヴィンは掘り起こした少女たちの年齢を細かく記録し、その成長に応じて彼女たちの記念日を祝っていたという。

 手紙はそれからも置かれ続け、ある時には「彼女にふさわしい立派な墓碑を建てなければ、遺体を掘り返してやる!」と夫妻に向けた怒りすら書かれていた。2人はすぐに墓碑を建てたが、今度はそれが破壊された。夫妻は耐えかねて警察にも相談したが、警察はまともに取り合うことはなかった。そしてそうした嫌がらせはそれから9年に及んで続いた。

 しかし2011年、ナターリアと同様の報告が数多く寄せられるようになった警察がやっと動き出したことで、アナトリー・モスクヴィンがようやく逮捕された。

 そして警察がモスクヴインの自宅に踏み込んだところ、そこには冒頭で触れた壮絶な光景が広がっていた。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年12月13日 14:45 | 返信

化粧雑すぎおもちゃじゃねーんだぞ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?