>  >  > 軟体動物・夢の2大饗宴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

かたつむり

,

ナメクジ

,

石川翠

石川翠のワールド・ミステリー・シリーズ

1031katatu_top.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 気がつくと、もうすっかり秋。秋の“どマンナカ”です。記録的にド暑いあの夏がまるで、まぼろしかなにかのよう─。朝晩の冷え込みが、いささか身に堪えるほどにもなりました。読者のみなみな様、その後、いかがお過ごしですか? って…、一度もお会いしたことない、ですよねぇ。たぶん。

 ま、それはそれとして、なかなか、本題に踏み出せず、こうしてお茶を濁しているのも、うーん、『こんな原稿、tocanaが買ってくれるかなぁ。というか読者のご愛顧にお応えできるんだろうか?』という心の迷いが、かれこれ数時間、アメーバみたいにふくれたりちぢんだりを繰り返しているからに他なりません。が、いつのまにかペンは桟橋離れてしまいました。よぉし。意を決しまして始めることにいたしましょう。


■今回のテーマは“ぐにょぐにょねちょねちょ”?

 さて、筆者はこのサイトに、謎の猟奇殺人事件だの、原爆開発秘史だのといった、ダークでヘヴィーなテーマの駄文を乱発している者なのですが、ときどきへとへとに疲れてしまうことがあります。テーマが強いと、やはり、体と心に響いてくるみたい…。

 そこで今回は、まったく正反対のナンセンス企画を思いつきました。登場するのは軟体動物界の両雄、ご存じ、ナメクジとかたつむりです。筆者はネイチャーものの動画もよく見ますが、彼らのノタリクタリが結構好きです。なぜか、癒やされるのです。

 で、突然ですが、以前ご紹介したイギリスのアニメ作家、スィリアック・ハリス氏のアニメ3本立てのような感じで、「好みのかたつむりもの」から、セレクトしてお届けさせていただきました。

 まずは、1本目「巨大ナメクジ、お花をバリボリ(Giant slug eats flower)/0:38/2007年」をご覧ください。はたして、これを面白く感じる方々がどのくらいいらっしゃるか、自信はほとんどないのですが…。

giant slug eats flower- YouTube

 超ドでかい、ですね。しかも、なぜか立っているし! ウサギにも見えます。花が耳に。斑点? が眼になって。グゥバリバリ、ギュぺキポシとすごい音が響いていました。でも、その食べっぷりは、どこか上品で思索的にも思えます。

 この怪紳士は、南アフリカのナマクア・ランド地域に棲息する巨大なナメクジなんだとか。成長すると、人の掌よりも大きくなるそうで─。でも、好んで春の野の花を召し上がるなんて、ぬぁんてロマンティックなのでしょう。おそらく、この種族は、あの花を食べる、エディブル・フラワー(edible flower)を人間に先駆けて、実践されてきているのでしょう。

 ただ、ボリボレボリボレと食べ続けます。全然、それだけなんですが、「いいんだよぉ、もっと食べて!」と応援したくなりませんか? つられて自分でもなにか食べたくなったりして。食の本能が目覚めてしまうのかもしれません。この素晴らしい動画の投稿者は1MCOPEさん。原稿執筆時には、987,295人が閲覧しています。すごい数ですね。では、いよいよ、ライバルのかたつむりさんの登場です。拍手、伯拍手、拍手うぅ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。