>  >  > グーグルマップ上の「猫の地上絵」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 今や我々の生活に欠かすことのできない「グーグルマップ」だが、先日、猫の“地上絵”がマップ上に描かれていたことが判明して話題を呼んでいる。


■誰が、何の目的で……!?

googleanimal1.JPG
グーグルマップ上に突如現れた猫の“地上絵”。現在は消されていて見ることは出来ない 画像は「YouTube」より

 猫の姿のような巨大な“地上絵”が突如現れた場所は、ニュージーランドのオークランド、ホブソン湾岸のエリアだ。描かれた絵の線は“歩道”であるようだが、現地にはこのような歩道は存在しないという。これが話題になっていることを知ったグーグル本社が直ちにマップを修正したため、現在はこの地上絵を見ることはできない。しかし誰が一体何のために、どんな方法でこれを描いたのか、当のグーグルにも確かなことは分からず謎は深まっている。

googleanimal2.JPG
グーグルアース上「36°51'46.31"S 174°47'26.95"E」付近。もちろん歩道はない

 ソーシャルブックマークサイト「Reddit」のユーザーである「Poik12」氏は「この猫はユーザーが描き加えたものであり、僕はそいつを知っている」と「フェイスブック」上で主張している。しかも彼は、その“容疑者”が自慢げに紹介したこの地上絵の画像(スクリーンショット)を共有していたという。

 この地上絵をどうやって描いたのか、その手段にも注目が集まっている。もちろん、基本的にグーグルマップにはユーザーが地図情報を加えることはできないものの、この「歩道」だけはある条件を満たすことで描き加えることができるらしい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。