>  >  > 1泊2日の監禁型お化け屋敷「オバケンホテル」開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
obaken4.jpg
怖~い「オバケンホテル

 東京都杉並区堀ノ内一丁目……。東京メトロの駅・方南町が最寄り駅のこの街。一度足を踏み入れると古きよき東京が残る商店街が立ち並んでおります。

 住みやすそうな閑静な住宅街…かと思いきや、知っていましたか? この街には東京でもトップクラスの“最恐お化けスポット”が存在しているんです!!

re-DSC_9951.jpg
方南町・オバケンホテル

 その名もズバリ『オバケン』。広さ的には、富士急ハイランドなどとは比べようがないほど小スペース。しかしながら、狭さを活かしたギミックやあっと驚く趣向の数々に「恐怖度は富士急とさほど変わらない」と、青ざめた顔で語る人もいるほど!! 筆者も一度訪れたことがありますが、中に入ってからは同行した編集者の「いやだ、帰りたい。怖い、いやだ…ギャー」という悲鳴が止まなかったことを覚えております…。

 今までも、失神寸前者続出だった『オバケン』ですが、10月には、「初回クリア率5%」という超難易度の高い、日本一脱出困難なお化け屋敷オバケンシーズン3「シックスイグジット」を開催!! しかもこちらは、荒廃したアメリカ合衆国で安住の地を求めてアンデッドの集団から逃れつつ旅をする『ウォーキングデッド』とのコラボイベント! 盛況に盛況を重ね、たった3日間で500名以上が参加する超人気イベントとなっておりました。

 また、一度訪れた者の誰しもが、「住宅街の一角でこれだけ怖いのならば、広ければどれだけ怖いのだろうか」と思うでしょう。そんな声に答えるべく、『オバケン』は方南町を飛び出し、今夏には日本初のゾンビキャンプを実施!! こちらも満員御礼。夜の闇に無数の悲鳴が響き渡ったとかいないとか…。そして満を持した形で、今秋には特別企画、長野県白馬のホテルを丸ごと使った「オバケンホテル」を期間限定でオープンするのだ!!


■1泊2日の監禁型お化け屋敷「オバケンホテル」

 こちらは、1度入館したら決して最後まで出れないという恐怖のホテル。ホテル中をゾンビが徘徊する「白馬オブ ザ デッド」幽霊が徘徊する「地下室の怨念」の2つのプランがあるので、ページ下を参照してほしい。

「『オバケンホテル』は恐怖の中でミッションをクリアしなければならないミッション型恐怖イベントです。参加者は、夕方~深夜にかけてゾンビが徘徊するホテルの中を巡り、謎解きをしていきます。もちろん、屋根裏や地下室にも行かなければなりません。前回の夏のイベントでも『超怖い』という感想が多数ありましたが、今回も、思いもよらぬ場所からゾンビが出てきたり、ほかにも『アッ』と驚くさまざまな仕掛けを用意しているので、期待してください。恐怖でパニック状態にならないように気をつけてくださいね」(オバケンスタッフ)

 …なんと、訪れた方々は滞在中ホテルに監禁!! 一度入館した者はチェックアウトするまで帰ることは不可となり、入館者は、ホテルのメニューに沿った恐怖のミッションをクリアしなければ、外に出られないのである…。ゾンビの恐怖に震えつつ夜を過ごすのか、はたまた禁断の部屋に閉じ込められた“何者か”を探しに行くのか…、選ぶのはアナタ次第。

 さあ、アナタは無事に帰ることができるのか…。
(文=ブレンディ佐藤)

【ゾンビホテル 開催日程】
■ZOMBIEDAYS開催日(各チェックイン~翌日チェックアウト)

◆2014/11/22(土)~23(日)
募集人数100名「白馬オブ・ザ・デッド/ゾンビ」

◆2014年11月23日(日)~24日(月)
募集人数100名「白馬オブ・ザ・デッド/ゾンビ」

◆2014年12月5日(金)~6(土)
募集人数100名「地下室の怨念/幽霊」

◆2014年12月6日(土)~7日(日)
募集人数100名「地下室の怨念/幽霊」

■開催場所
長野県北安曇郡白馬村オバケンホテル
(住所は参加者のみに連絡。一般は非公開)

◆料金
大人:¥20,000 小人:¥16,000(15歳未満)※すべて消費税込み

■ご予約方法
2014年11月3日より
オバケンHPのみで先着順で受け付け開始

■お問い合わせ
主催:方南町お化け屋敷 オバケン
オバケン公式サイト http://obakensan.com

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。