>  >  > 大災害が「18」に起きる謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
HAARP.jpg
画像は「YouTube」より

 2014年9月27日、長野と岐阜にまたがる御嶽山が噴火した。7年ぶりとなる今回の噴火は、死者57人、行方不明者6人をだす戦後最大の火山災害となった。気象庁は噴火について「予想できなかった」との見解を発表しているが、それも含め、いくつかの不可解な点が世界の陰謀論者たちを騒然とさせていることをご存知だろうか。

 御嶽山の噴火前後、噴火口付近ではUFOのように空中を浮遊する発光物体が目撃され、いくつかの写真や動画がインターネット上に投稿されている。これを見た一部のネットユーザーの間では、「宇宙人が噴火を起こしたのでは!?」と騒がれた。しかし陰謀論的に言えば、そのような見解は完全にお門違いである。なぜならば、今回の噴火には“ある機密結社”の影が見え隠れするからだ。


■UFOの正体はHAARP!?

 実は、世界で目撃されるUFOの正体はプラズマであることが多い。そして、そのプラズマの出現後に何らかの天災が起きた時、陰謀論では「その天災は人工的に発生したものである」と見なされる。すなわち、秘密結社イルミナティ勢力が保有する気象兵器「HAARP」によって引き起こされた、と考えるのだ。

 HAARP(高周波オーロラ調査プログラム)は、表向きには「米軍がオーロラや電離層の調査のために、アラスカに建設した施設である」とされている。しかし実際はイルミナティの管理下にあり、電離層に電波を照射し、気象を変動させたり、地震・火山噴火さえも起こし得る“気象兵器”であるとの可能性が囁かれている。

 陰謀論においては、東日本大震災も阪神淡路大震災もHAARPが引き起こしたものであるとされる。実際、両震災の直前にもプラズマ(一般人にはUFOと見間違えられる)が目撃されており、電離層に何らかの変動が起きていたことは間違いない。

 そして今回の噴火も、イルミナティのHAARPが作用した結果であったとしたら――。(UFOと勘違いされた)プラズマの発生や、(そもそも自然噴火ではないため)気象庁が予測できなかった点など、不可解な事象の説明が可能となるのだ。

コメント

1:匿名2015年1月25日 11:59 | 返信

18の意味もこじつけで、
18の算出の仕方も無理やり。
何なんだろう。この人。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。