>  >  > 著名ゲイポルノ男優のイカれた挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 今年の夏頃、全世界のスターバックス制覇を目指して、すでに1万店舗以上を訪れたスタバマニアが話題になった。私事だが、学生時代の友人には、全世界のハードロックカフェを訪れることが目標の京都出身のお嬢様がいる。

 そしていま、アメリカに、全米50州を旅して各州でセックスをキメ、その様子を映像に記録しようと企てている男がいる。コルビー・ケラー氏。1980年、テキサス生まれの34歳。

ColbyKeller.jpg
画像は「YouTube」より


■全てを捨てて全米セックスの旅へ

 ケラー氏の職業はポルノスターだ。Sean CodyやCocky Boysといった大手プロダクションの作品に出演し、多くのファンを獲得している、アメリカのゲイポルノシーンでは名の知られた男優である。

 そんな彼が思い立ったプロジェクトが “BIG SHOE ADVENTURE 1: COLBY DOES AMERICA… AND CANADA TOO”。コンセプトはシンプル。全米50州(一部カナダを含む)それぞれの土地でセックスを行い、映像に収めて作品化する壮大なゲイポルノロードムービーの制作である。

 プロジェクトの開始に先立って、ケラー氏は持ち物のほとんどを処分して、ボルチモアのアパートメントを引き払った。と言うよりも、全米セックス行脚をやろうと決めたのは全てを捨てた後だったという話もある。30代半ばと言えば、日本においてはそろそろ人生のPoint of No Returnが差し迫るお年頃。そんなリスクにもひるむことなく、ポルノ男優だけに裸一貫から新たな試みを始めようというのだから、彼の勇気には恐れ入る。


■クラウドファンディングで45,000ドル以上を調達

 問題は資金だ。アメリカ大陸を旅しながら何時終わるともわからない映像作品を作り続けるには、相応のコストがかかる。いまや帰る家すらないケラー氏には寝る場所も生活必需品も必要だ。そこで彼はクラウドファンディングで出資を募ることにした。

 今年6月13日、アメリカのクラウドファンディングサイト、INDIEGOGOで35,000ドル(約400万円)をゴールに開始したキャンペーンは大成功。1カ月の期間に1,446人から合計45,385ドル(約520万円)を集めることができたのだ。キャンペーンページに記されている、移動と寝起きのためのワゴン車にマットレス、記録のためのビデオカメラ、ガソリン代や食費、モバイル通信費用、宿泊や撮影に使うホテル代等々、プロジェクトの初期費用のメドが立ったわけだ。

 INDIEGOGOのキャンペーンページを見ると、出資額の幅は2ドルから11,000ドルまで。ちなみに、11,000ドルの出資者へのギフトは、世界中どこにでもケラー氏が会いに来てくれる権利。10,000ドル出資すれば、ケラー氏出演のポルノビデオを監督できる権利。唯一、ソールドアウトになったのがL.A.を拠点に活動する彫刻家、ベン・メダンスキーの作る特製アナルプラグ(350ドル)だったのが、ゲイポルノスターのプロジェクトっぽくて香ばしい。

 2014年11月現在、すでにプロジェクトは始動している。カリフォルニア、メイン、ウェストヴァージニア、ワシントンD.C.での撮影は終了。次はフロリダ、アリゾナを予定しているという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。