>  >  > 安達祐実はなぜ大胆濡れ場に挑戦した?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ヌード

,

安達祐実

,

濡れ場

,

花宵道中

adachiyumi1108.jpg
映画『花宵道中』オフィシャルサイト

 女優の安達祐実が、8日公開の映画『花宵道中』でフルヌードを披露したことが話題となっている。安達が演じるのは江戸時代に活躍した吉原の遊女役で、映画では大胆な濡れ場にも挑戦している。

 安達の映画主演は1994年の『家なき子』以来、実に20年ぶりとなる。『家なき子』は社会に翻弄されながらもたくましく生きる1人の少女を演じ、大ヒット作となった。

「彼女は最近でもコンスタントに映画、ドラマには出演しています。しかし子役時代のイメージが強すぎるためか、脇役を演ずることが多く、あまり目立っていないのが実情です」(芸能記者)

『週刊文春』(文藝春秋/11月13日号)でも、芸能レポーターの石川敏男氏が「大人の女優へ脱皮するためのヌードだったのでしょう。私はこの映画を機に女優としてブレイクすると思いますよ」と語っているように、映画で“脱ぐ”ことで、再ブレイクにつながる女優は多い。

「別に…」騒動や、高城剛の電撃結婚と離婚でお騒がせ女優として知られていた沢尻エリカは岡崎京子原作の『ヘルタースケルター』で大胆なフルヌードとベッドシーンを披露した。沢尻が演じたのは、全身整形で美貌を手に入れた、わがままなモデルであるりりこである。

 沢尻のほかにも、中上健次原作の『軽蔑』では鈴木杏が主人公のストリッパー役を演じ、濡れ場を披露している。ほかにも、吉高由里子、池脇千鶴、坂井真紀、星野真里、最近では市川由衣も映画で脱いで話題を呼んだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。