>  > 「国家スパイ」19歳の超天才少女が死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
re-tribun1111.jpg
事件を伝えた「tribunnews

 インドネシア・アンボン出身のとある少女が、10月23日に亡くなった。

 その少女の名は、ガヤトゥリ・ワイリッサ何と14カ国語を操ることができる超天才であった。死因は脳溢血、たった19年の生涯だった。

 実はこのニュース、すでに新華ニュースが日本語で記事を書いている。したがって、もうある程度の内訳を知っている読者もいることだろう。だが新華ニュースの記事は現地メディアからの翻訳というが、致命的な誤訳があり記事自体もあまり深い部分まで書かれてはいない。今回は筆者が改めて現地メディアの記事をチェックし、短命の天才少女ガヤトゥリの真の姿に迫りたいと思う。


■天才少女の真実

 そもそも、新華ニュースは誤解ゆえの間違いを書いてしまっている。

 記事には「享年17歳」とあるが、本当は1995年8月31日生まれの19歳である。なぜこのような重大なミスをしてしまったかというと、ガヤトゥリが世間から注目され始めたのが2年前で、その際に「17歳の天才少女」という異名が定着したからだ。それを新華ニュースが「今の時点で17歳」と誤解したのだろう。インドネシア語はそうした紛らわしさがある言語である。

 そしてもう一つ、新華ニュースは非常に重大な見落としをしている。

 それはガヤトゥリがBIN(国家情報局)の職員だったという事実だ。ガヤトゥリは死の3カ月前に、ジャカルタでBINからリクルートされ「就職」しているのだ。早い話が、彼女は諜報員だったのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。