>  >  > 自分の胸で“顔”を育てる重症熱傷患者=中国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

医療

,

火傷

,

移植

 やけどや外傷によって皮膚が大きく損傷してしまうと、時に皮膚移植を必要とする事態に陥ってしまいます。近年は、人為的に培養した皮膚の移植も少しずつ行われるようになってきましたが、まだまだ一般的には、患者の身体の一部から健康な皮膚を採取して移植するケースが多いようです。しかし身体の他の部分から皮膚を切り取るため、どうしても面積が制限される上、移植後に縮みが起きるなどの課題もあるとされています。

YanJianbin.jpg
画像は「The Daily Mail」より

 しかし、これらの課題を解決するかもしれない(?)、驚きの皮膚移植法に中国の医師たちが挑んでいる模様です。英紙「The Daily Mail」が今月13日に報じたところによると、その方法とは、なんと移植部位にフィットする大きさと形の皮膚を、あらかじめ患者の身体で“育てて”から採取するものだというのです。

YanJianbin_2.jpg
画像は「The Daily Mail」より

 話題の治療は、遼寧(りょうねい)省にある瀋陽軍区総合病院で行われています。患者は、仕事中の感電事故で火傷を負ってしまった技術者、ヤン・ジャンビンさん。顔面の皮膚の状態が特に深刻で、彼の右目や鼻は失われてしまいました。そこで医師たちは、ジャンビンさんの胸の皮膚を顔面に移植することを決定。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?