>  >  > 映画『0.5ミリ』安藤桃子監督インタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
「介護界のニューヒロインを描きたかった」 映画『0.5ミリ』安藤桃子監督インタビュー!!

 長編デビュー作となる前作『カケラ』(2009年)が高い評価を受けた映画監督・安藤桃子。今や映画の世界のみならず、作家、テレビ番組のMCなど多方面で活躍する彼女が、原作・脚本・監督を手がけた最新作『0.5ミリ』が公開された。  本作の主演は、安藤桃子監督の妹であり、次代の日本映画を担う逸材として期待されている実力派女優・安藤サクラ。また、エグゼクティブ・プロデューサーは父・奥田瑛二、フードス...

カケラ

カケラ

前作もチェック!

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...