>  > 消えたと言われるような芸能人でも高額納税者?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
1119ippatu_main.jpg
※イメージ画像:『知ってはいけない消えた有名人の謎 ドン底一発屋芸人の今!』(コアマガジン)

 芸能人として、華々しいステージの上でスポットライトを浴びていたのも束の間。いつの間にかテレビの中で姿を見なくなった芸能人は数多くいる。俗に“消えた芸能人”として扱われるが、実際にはその多くが、今も高額納税者として高収入を得ていると業界関係者が教えてくれた。

「お笑い芸人は消えませんよ。消えたと言われても、生き残っているケースが圧倒的に多いです。たとえばテツandトモなど、その最たる例です」(お笑い系プロダクション関係者)

 テツandトモといえば2003年に『なんでだろ~』のフレーズで流行語大賞を受賞し、当時はテレビに引っ張りだことなっていた。その後は久しく見かけていないが、実は各地で今も『なんでだろ~』を歌っているという。

「芸人には“営業”というものがあります。パチンコ屋さんや宴会場での営業、デパートや大型スーパーでの営業、果ては一般の方々の結婚式でスピーチしたり、ネタを見せるような営業まであるんです。いくら一発屋といわれようが、テツandトモのように全国の人々に顔と名前とネタを知られた芸人なら1回あたりの営業で軽く40~50万円は貰えます。これを月に数回こなすだけでも年収は1,000万円を超えますよ。これが一発屋と呼ばれる方々の真実なんです」(同・お笑い系プロダクション関係者)

 確かに消えたと言われた今も、その名前も歌も鮮明に記憶されている。知名度がある彼らが営業で引っ張りだこになるのも理解できる。また、ほかにも消えた芸能人の高額納税者は多いという。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。