>  > 「養豚業者は“豚トロ”を絶対に食べない」は本当か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

ごとうさとき

,

焼肉

,

豚トロ

,

食品

1121yakiniku_top.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

■Twitterに駆け巡るウワサ…「養豚業者は決して食べない部位」

 Twitterを中心に、次のような情報がネットを駆け巡っている。

「養豚業に詳しい人に聞いた話によると、養豚業者の人は居酒屋のメニューにある『豚トロ』を決して注文しない。なぜなら豚トロというのは、豚の首から肩にあたる部位の肉だからだ。豚を飼育する際に病気を予防する抗生物質を注射するのは、ちょうど豚トロの部位で、抗生物質が残留している恐れがあるからだ。そんな危険な部位の肉を養豚業者は絶対に食べない」

 そんな情報が拡散され、時折ネットを騒がせている。

■「豚トロは危険!」のウワサは本当か?

 まずこのウワサのネタ元は何処だろうか?

 ネットで検索する限り、このウワサのもっと古い出典は2008年3月に書かれた個人Blogである。以後Twitterを中心として、2014年現在まで個人Blogなどに同様の情報が、何の検証もないまま繰り返し、掲載されている。

■「豚トロ」ってどの部位?

「豚トロ」というのは、食肉の小売り販売をする場合に公正競争規約として、しっかり指定された部位のことではない。もともとはじめて「豚トロ」という名称で肉を売ったのは、北海道旭川の焼肉店だといわれており、2000年初頭にBSE問題が発生した時に牛肉を敬遠する客向けとして、売られはじめたらしい。

具体的な部位は、
・豚の頬肉から首肉にかけて取れる霜降り肉
・豚の首後ろから肩にかけて取れる霜降り肉
・豚の首から取れる霜降り肉(「ネック」と言われていた部分)
・肩肉の一部で取れる霜降り肉
など、首辺りの肉である事が多いのだが、微妙に他の部位も含んでいる場合もある。

■希少部位なのに安い? スーパーで買える豚トロの正体は豚の背脂!?

 「豚トロ」の部位を特定しようとしても様々な説が飛び交っている。また、問題なのは“豚トロは希少部位である”という話だ。

 どうやら豚トロは、希少部位だというが、「一頭の豚から数百グラムしか取れない」という情報も200~500gと、一定しない。しかも肉の希少部位といえば、高価な肉として認識されており、高級焼肉店くらいでしかお目にかかれないものがほとんどだ。だが、豚トロはスーパーマーケットでも手ごろな値段で入手できる。

 実はスーパーなどで安価に買える豚トロは、首周りの肉ではなく、単に豚の背脂を加工したモノもあるという。ただこれが食品偽造にならないのは、豚トロがロースやバラといった部位とは違い、名称が正式に法的に定められている部位ではないからだ。脂の多い豚肉を「豚トロ」と名づけた“なんちゃって豚トロ”も流通しているようだ。

人気連載

奇習! 全裸で拘束されて晒される不貞の男女―おぞましき裸刑の実態

【日本奇習紀行シリーズ】 山梨県・某地方 ※イメージ画像:T...

意図を超えてやってくるものを意図的に働きかけるパラドクスとは? シュルレアリスト・瀧口修造が追い求めた「デカルコマニー」

【拝啓 澁澤先生、あなたが見たのはどんな夢ですか? ~シュル...

コメント

5:匿名2015年8月11日 22:19 | 返信

検証してから記事にしろよ
時間無駄にした

4:匿名2015年6月17日 23:05 | 返信

中身の無い記事だね。

3:飛べない豚2015年3月31日 06:05 | 返信

養豚場にはかなりの薬剤が置いてあります。オーバーな表現ですが、医療現場のようです。
ホルモン剤を多用しているので、豚肉をたくさん食べると男性でも胸が膨らんだり変化があるようですよ、。

2:匿名2015年2月 8日 12:45 | 返信

くそみたいな記事。
意味不明すぎる。

1:匿名2015年2月 4日 15:30 | 返信

関係者≒詳しい人だと思うし。拡散目的の釣りですねー。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。