>  >  > 報道番組を担当する女子アナの恐ろしい現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

吉沢ひかる

,

報道番組

,

女子アナ

151536097.jpg

 在京キー局の女子アナを目指すならば採用倍率1000倍などの狭き門を突破しなければならない。その先にある煌びやかな世界を夢見るからこそ、たとえ難関と言われようとも多くの女子大生がここを目指す。

 しかし、入社後には苦労どころか、恐怖さえ感じる現実が待っているという。

「アナウンサーの中で報道番組は花形とされており、女子アナの多くが入局後はここを目指します。たしかにやりがいのある仕事ですが、実際に出演するようになれば恐怖を感じる日々を過ごすことになります」(テレビ局スタッフ)

 やりがいのある現場において恐怖を感じるとは、どういうことか。恐ろしいシゴキが待っているのかと思ったが、そうではなかった。

「報道番組では当然ながらあらゆるニュースを流します。その中には当事者にしてみたら人生を台無しにされるニュースもあるわけです。たとえば企業の不祥事を流せば、会社が倒産に追い込まれることもあります。そうなれば経営者や社員はもちろん、取引先の社員やその家族などの中から、報道番組を恨む人が出てくるわけです」(同・テレビ局スタッフ)

 たしかにこのような結果を招くニュースもあるだろう。だが、だからといってなぜ女子アナが恐怖を感じるのか?

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。