>  >  > 「過激シーン10分は削れ」伝説の大殺戮映画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!


【今回の映画 オールナイトロング

516DZ3D1WVL.jpg
All Night Long』/All Night Long(amazon USA)

 1989年に発生した「宮崎勤幼女連続誘拐殺人事件」の影響により、テレビやレンタルビデオ店からホラー映画が姿を消していた頃、勤めている映画プロダクションを辞め、失業保険で暮らしていた無名の映画青年・松村克弥は、「どこにでもいる十代の若者に潜む狂気」を主題に、伝説の大殺戮映画『オールナイトロング』を完成させた。


■あらすじ

 飛行機整備士志望の慎治(鈴木亮介)、予備校生の徹也(家富洋二)、金持ちの健介(角田英介)は、通り魔殺人事件(犯人役は元たけし軍団のサード長嶋)に偶然居合わせた縁から遊び仲間となる。ある日、慎治の交際相手の女子中学生が、彼の目前で不良少年達に集団レイプされてしまう。その恨みを晴らすため、慎治ら3人は猟銃を持ち、不良達のたむろするアジトへと殴り込みをかけるが……。


■過激模写

 この作品には、1982年に起きた「歌舞伎町 少女アキレス腱切断殺人事件」をベースにした少女の凌辱場面や、終盤に描かれる少年同士の凄惨な殺し合いなど、とにかく過激な描写が含まれている。映倫は「こんな脚本、映画にして欲しくない」と、この作品を「一般映画制限付R指定」にした。つまり、15歳未満は観ることはできないのだ。その理由は「映画を観た少年たちが真似をするかもしれないから」だった。そしてキャスティングに関しても、複数の芸能プロダクションが俳優の出演を拒否した。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?