>  >  > 「お前のおっぱいはどれ?」面接

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
51eLCu4XD6L.jpg
画像は、『V-hina 2 SUPER VIDEO TRACKS』(ビクターエンタテインメント)

 2004年、グラビア界に激震が走った。

 多くのグラビアアイドルたちを抱えているイエローキャブに内部抗争が起こったのである。結果、当時社長だった野田義治は解任され、サンズエンタテインメントを設立することになる。

 当時は、野田に批判も相次いだが、実際に野田はどのような人物なのか?『ナカイの窓』(日本テレビ)にて、MEGUMIが明かした。

 MEGUMIと野田の出会いは、「私はシンガーになりたかった。オーディションを受けたりしつつ、ダメだったんですね。それで、そこのボイトレの先生が、野田さんを知っていて、いきなり面接をした」という。

 ここまでは、普通の流れだが、その面接が驚愕である。

「2人きりで。当時、社長が赤坂プリンスが大好きで。カフェみたいなところに行って、雑誌を広げて、いっぱい色々なおっぱいがのっていて、『お前のおっぱいどれだ?』って(雑誌をみせられて、聞かれて)『これか、これですかね』みたいな。それが面接だった」のだ。

 つまり、顔とスタイルを含めた第一印象だけをチェックし、脱がないと分からない胸を本人に確認し、終了したのである。

 そして、「一週間くらい後に電話かかってきて、『パスポート持ってこい』って言われて、待ち合わせ場所行くと、そのままサイパンに行って、グラビア撮影。突然で。(野田が発掘したタレントは)皆、そんな感じです」

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。