>  > 「ローマ法王、尊厳死を批判するも日本人は8割OK?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
1203kyoukou_main.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 バチカンが尊厳死を選んだアメリカ人女性を「自殺は生命を否定する行為」として批判した件が話題となっている。
http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPKBN0IP04X20141105

 一方で、Yahoo!Japanにおける意識調査においては、日本では8割強が「尊厳死を認めるべき」と回答している。(http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/12682/result
 
 この意識の違いはどこから来るのだろうか?

 まず、語句を区別し直したい。上掲のロイター記事によれば、アメリカ人女性の死は「尊厳死」として扱われているが、医師の処方による死であるこれを「安楽死」と呼ぶことにし、過剰な延命至上主義を避けて死を選ぶ「尊厳死」とは区別したい。というのは、バチカン(カトリック)は実は尊厳死を一定程度認めているからである。

 個人的には、安楽死の是非については「自分の命だから好きなようにすればいい」以外に何も言うことはないのであるが、カトリック側の言わんとすることも分からないではない。特定状況にある患者に自殺の権利を認め、そのような状況の患者が安楽死を選ぶことが一般的風潮となった場合、今度は「そのような状況にある人間は生きる価値がない」という社会通念が生まれかねない。ヒンドゥー教においては、かつて、夫に先立たれた寡婦が後追い焼身自殺(サティ)をすることが美徳とされたが、そのような社会通念が寡婦の自発的、半強制的な自殺を誘発していたと言える。

 さて、話を戻すと、日本人の8割強が「尊厳死を認める」と回答したのは、個人的にはごく当然の結果であると思う。多くの人は、回復の見込みのない状態で多大な苦痛を引き延ばしにされたくはないであろうから。これは宗教的感性うんぬんというよりも人間の自然的感性であって、むしろ、その状況から「それでも安楽死は自殺であり、するべきではない」と言えるのは、独特で強固な死生観、価値観を持つ人といえよう。そのような死生観、価値観を宗教が提供するのは不思議な話ではない。

コメント

2:匿名2014年12月 9日 12:19 | 返信

話が飛躍している?

1:匿名2014年12月 8日 18:23 | 返信

教義も時代によってかわえていくしかないということ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。