>  >  > 性転換整形手術で顔面崩壊!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ジェンダー

,

佐藤Kay

,

,

手術

,

整形

,

 英「Daily Mail」紙によると、ボクシングの元プロモーター兼マネージャー氏が、性転換の整形手術中に合併症を引き起こし顔面崩壊、モンスターになってしまったと報じている。


■性転換途上の手術で生死の境をさまよう

kelliemaloney2.JPG
ボクシング界にいた頃のマロニー氏 画像は「YouTube」より

 フランク・マロニー氏(61歳)といえば、ボクシング世界ヘビー級王者レノックス・ルイスの育ての親としてご存じの方もいるだろう。かつての“おやっさん外見”からは全く想像もできないことだが、彼は子どもの頃からずっと自分の身体に違和感を持って生きてきたのだという。そして昨年10月ボクシング界からの引退後、今年8月に「女になる」と宣言して世間を驚かせた。現在18カ月に及ぶ性転換の途上にあり、ホルモン治療やムダ毛処理、発声指導、カウンセリング等を受けながら今回の手術に備えていのだった。

 手術はベルギーのアントワープで世界的に有名な外科医の元、鼻、瞼、頬、そしてシワ取り手術まで一気に施された。だが、この手術で危うく命を落としそうになったのだ。

 実はマロニー氏、以前心臓病を患い、血小板凝集を抑えるためアスピリンを服用していた。それが拒絶反応を起こし傷口が塞がらなくなり、術後に恐ろしい合併症も誘発してしてしまったのだ。「アタシのアタマが爆発するかと思ったわ」とマロニー氏は涙ながらに訴える。

kelliemaloney1.JPG
術後に恐ろしい合併症も誘発したフランク・マロニー氏 画像は「YouTube」より

風船みたいに膨らんで、しかも一秒ごとに膨らんでって……、眼は見えなくなるし、声も出なくなったわ!頭部が通常の2倍に膨れ上がり、眼から出血、呼吸困難に陥ってしまったのだ。再び10時間に及ぶ緊急手術を受け、その後ICUへ。4日間意識不明のまま、人工呼吸器と頭の中から余分な体液を抜くためのチューブに繋がれた状態で生死の境をさまよった。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?