>  > 人間を“瞬間沸騰させる”中国軍の最新兵器

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

兵器

,

尖閣諸島

,

電磁波

 現在の日中関係は、国交正常化以来、過去最悪の状態といわれている。その一因として真っ先に「尖閣問題」が挙げられることは間違いないだろう。偶発的な武力衝突を回避するため、防衛当局者同士による話し合いも持たれているが、予断を許さない事態であることに変わりはない。そのような中、中国の航空ショーで、とある最新兵器が公開され警戒の声が高まっている。


■人間を“沸騰させる”最新兵器

WB1.jpg
画像は「IHS」より

 米国の軍事コンサルティング・調査ファーム「IHS Jane's」の報告によると、中国の軍需企業「China Poly Group Corporation(中国保利集団公司)」がこのたび公開したのは、“非致死性の激痛を与えることで相手を無力化する”兵器、その名も「Poly WB-1」だ。

 WB-1は、ミリ波の電磁ビームを広範囲にわたり照射することができる。このビームは、当たった人間の体内で水分子を瞬時に沸騰させ、その結果、炎の中に投げ込まれたかのような耐え難い苦痛を与えるという。つまり、人間を電子レンジにかけるのと同じような仕組みとなっているわけだ。射程範囲は80mから最大1km。中国軍は将来的にこのWB-1を、自らが領有権を主張する海域付近を航行する艦艇に搭載する計画もあるというのだから、これは穏やかな話ではない。


■各国で配備が進む一方、議論も

 実は、今回のWB-1と同様の仕組みを実用化したのは米軍だ。2007年に世界で初めて公開された、レイセオン社製「Active Denial System(ADS)」という名の兵器は、その後アフガニスタンなどに配備された。暴徒化した民衆の効率的な制圧のために威力を発揮することが期待されていたようだ。しかしその後、ADSは一度も使われることのないまま2010年にリコールされている。まだ信頼性に難があるようだが、米国、そして中国のみならず、ロシアも同様の兵器の開発を行っているという。

人気連載

奇習!九州で実在? 輪姦・相互鑑賞…なんでもアリな乱交貸し風呂

【日本奇習紀行シリーズ】 九州・某県 ※イメージ画像:Thi...

奇習!母娘の「親子丼」を正当化した邪悪な男たち―ある資産家男性の告白

【日本奇習紀行シリーズ】 北関東 ※イメージ画像:Think...

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。