>  >  > 頭が悪くなる恐怖のウイルス発見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

shutterstock_119462545.jpg
人間の脳に感染し認知能力を低下させるウイルスが!? shutterstock.com

 暗算ができない、文章を何度読んでも理解できない、モノの名前が思い出せない。そんなとき、「頭の悪いのは生まれつき」「もう年だからしかたない」と自嘲気味になっていないだろうか? でもそうではなく、未知の微生物があなたの脳に忍び込み、頭を悪くさせているとしたら......。

 そんなSF小説のような事実が、先日アメリカで明らかになった。あるウイルスに感染すると、脳の海馬が影響を受けて人間の認知能力が低下してしまうというのだ。

全世界で数百万人が感染!?

 問題のウイルスは、世界中の湖や川に存在する「ATCV-1」と呼ばれるもの。もともと緑藻類に感染することで知られており、人間には感染しないと考えられていた。しかし、今回たまたま認知機能の測定を含む研究を行っていた科学者グループが、健康な人の喉からATCV-1を採取。なんと被験者92人のうち40人、実に44%の人が感染していると判明した。そうなると、すでに世界で数百万人が、このウイルスに感染している可能性も否定できない。

 さらに被験者に対して、視覚情報の処理速度と正確性、集中力の持続を測定。その結果、喉からATCV-1が採取された人は採取されなかった人に比べて、それらの成績が劣ることがわかったという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。