>  > 2014年トカナ人気記事ベスト10! 【2月編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 ゆく年、くる年──。2013年11月にオープンした不思議・ディスカバリー系サイト『Tocana』。今までの前例がない媒体ゆえ、リリース当初は「続くのがホントかな!?」状態ではありましたが、読者のみなみなさまのご愛顧もあり、無事1周年を迎えることができました。
 
『Tocana』では、今後も世界中にはびこる奇奇怪怪なニュースをお届けし、読者のみなさま及び編集部一同の好奇心を満たしていければよいなぁと考えております。
 
 そこで、来年のさらなる飛躍のためにも、今年を振り返るべく各月の月間ランキングを作ってみました。異常気象もウワサされる冬休み真っ盛り。外に出て雪風に吹かれるのならば、ディスプレイの向こう側に広がる不思議ワールドを肴に、熱燗を一献傾けてみるのも乙なものではないでしょうか?


【1位】

tocanaranking_02_1.jpg

シリア内戦で亡くなった3歳の少年が最後に残した言葉! 世界中が心を揺さぶられた(掲載:2014.2.2)

 激戦が繰り広げられるシリアで戦火に巻き込まれ重症を負い、亡くなった少年が、最後に言い残した言葉とは? 彼の言葉が世界中の人々の胸を打たれました。


http://tocana.jp/2014/02/post_3595.html


【2位】

tocanaranking_02_2.jpg

「世界のフジモト」と呼ばれるトラック運転手・藤本敏文! 趣味は「戦場観光」。現在、アサドの暗殺ターゲット (掲載:2014.2.4)

 大阪在住のトラック運転手兼戦場カメラマンという二足のわらじをはく藤本敏文氏のインタビュー。内戦状態のシリアで、某政治団体が「暗殺宣言」までも出されている藤本氏は、なぜ危険を犯しつつも戦場を撮影し続けるのでしょうか…。

http://tocana.jp/2014/02/post_3605.html


【3位】

tocanaranking_02_3.jpg

IQ160の“最凶にふてぶてしい”連続殺人鬼・ロドニー・アルカラ! 100人以上レイプ・殺害しながらバラエティ番組出演、新聞社就職!?(掲載:2014.2.10)

 若い女性を次から次へと強姦し、また殺害までも行なったシリアルキラー、ロドニー・アルカラ。容姿端麗なカメラマンとして知られ、また犯罪が公になった際は弁護士を入れずに自身で裁判を行うなど、才色兼備であったことは間違いありません。なぜ、彼は歪んでしまったのでしょう。

http://tocana.jp/2014/02/post_3618.html


【4位】

tocanaranking_02_4.jpg

飛び跳ねた瞬間に凍結したカエル! 凍ってしまった動物たちの写真が、残酷も美しい(掲載:2014.01.31)

 2014年早々にアメリカは大寒波にさらされ大パニックに。その寒さは野生動物たちをそのままの姿で凍らせるほどだったのです。今年も寒さがウワサされております。お気をつけて。

http://tocana.jp/2014/01/post_3576.html


【5位】

tocanaranking_02_5.jpg

自由の意味と、教育の重要性について問いかける【閲覧注意】の過激なショートムービーが全世界で話題!!(掲載:2014.2.3)

 太陽の光で宝石のように輝く海を目指し、数人の若者たちは退屈な授業から逃げ出し、車を走らせました。ビーチに辿り着き、水着に着替え遊び始めたのですが…。結末は、リンク先にてご確認を。

http://tocana.jp/2014/02/post_3600.html


【6位】

tocanaranking_02_6.jpg

おどろおどろしい【過去の医療器具】8つ! 見てるだけで痛いーッ! (掲載:2014.2.1)

 開頭手術用ドリル、ヘルメット型MRI、義眼、真鍮製の注射器など、ふた昔ほど前の医療器具の紹介記事。これらを使い行われた手術を想像するだけでも現代に生まれたことに感謝してしまいます。

http://tocana.jp/2014/02/post_3577.html


【7位】

tocanaranking_02_7.jpg

“絶倫屍体”を恐れる警官、謎の媚薬【エクアドル美女誘拐事件】でわかった「サバ・インカ」の恐怖とは?(http://tocana.jp/2014/02/post_3668.html)2014.02.17

 南米の国、エクアドルで伝わるという謎の儀式に迫ります。インカ帝国の「サバ・インカ」の正体と美女の誘拐事件との関連性とは?

http://tocana.jp/2014/02/post_3668.html


【8位】

tocanaranking_02_8.jpg

アメリカで土鍋ブーム!? 日本人とは違う、アメリカンな使い方とは?(掲載:2014.2.2)

 アメリカでの“Potluck”という食べ物を持ちよるカジュアルなパーティーで、日本の土鍋が大活躍。また土鍋でアメリカやフランスも作れるのだとか。鍋は好きだけど、ちょっと味に飽きたという方にもオススメ?

http://tocana.jp/2014/02/post_3599.html


【9位】

tocanaranking_02_9.jpg

斬首直後の生首をアルバムジャケットに採用!? メキシコ出身の謎の覆面バンド“Brujeria”の1stアルバムがマジでグロい(掲載:2014.2.6)

 メタルドラマー・Leonekoによる『君はジャケ買いできるか!?』の第三弾。今回は生首がそのまんま掲載されるという日本だと絶対に発売不可のCDをレビュー。

http://tocana.jp/2014/02/post_3581.html


【10位】

tocanaranking_02_10.jpg

「黒死病」に感染するとどうなるの!? 生死の境をさまよった末に生還した、元感染者が語る!(掲載:2014.02.05)

 14世紀に流行し、ヨーロッパ人の約2,000万~3,000万人を死においたやった『黒死病』ことペスト。現代でもいまだ患者は存在し、感染者の3分の2は4日以内に死亡。また、たとえ生還したとしても、多くの場合は手足の切断に至る壊疽が生じることも…。

http://tocana.jp/2014/02/post_3612.html

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。