>  >  > 松田翔太は渋谷界隈で有名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
matsudasyota.jpg
画像は、写真集 『月刊MEN 松田翔太』/イーネット・フロンティア

 あの可憐だったアイドルが、横柄な態度をとっているなんて…。

 16日に発売された『女性自身』(光文社)によると、DJとして活躍する鈴木亜美がクラブ関係者に「ドンペリを5本、用意しておいて」と要求。これに対し、「さすがにカチンときましたね」と怒りの声を上げたという記事が掲載された。また、最近ではDJデビューしたての頃の初々しさはなくなり、ドンペリ以外にも「その土地ならではの高級食材」を要求し、態度も悪いなどと囁かれているというのだ。

「鈴木亜美がクラブ?」と一瞬、疑問符がつくが、実は鈴木は近年、クラブでDJ活動がメインとなっている。独立問題で事務所と揉めて以降、リリースする曲はパっとせず。最新の(といっても2013年に発売された)ミニ・アルバム『Snow Ring』に至ってはオリコン最高78位という、マイナーなシンガーと同じような売り上げしか残せていない。そこで、活動の場をDJ活動に見出したというわけだ。

 『女性自身』によると、鈴木のギャラは1回(*筆者注:おそらく60分~90分)で30万円~40万円だという。それに、「ドンペリ5本」だとプラスで7万円、高級食材は3万円前後。要は40万円~50万円が鈴木のギャラになるが、これはクラブ業界では高いのだろうか?

「そこまで高いとは思いません。恐らく金額ではなく、態度の問題でしょうね。芸能人のクラブでの素行に関しては噂になりやすいですからね」(クラブ業界関係者)

 では、クラブで不人気のタレントは誰なのだろうか?

「よく週刊誌の記事に、ジャニーズタレントたちが悪く書かれていたりしますが、『ジャニーズを出入り禁止にしたい』なんて思っているクラブはありません。彼らが来るのはVIPルームなので、こちらが介入することはほとんどないですから。彼らが来れば、女性客が増えますし、女性が多ければ金を使う男性も来る。ありがたいことです(笑)さらに、タレントは、“海老蔵事件”以降、顔が割れるのを恐れて問題を起こしません。悪評が出るのは、酔っ払って、従業員に横柄な態度をとってしまった時などでしょうが、でもそれは、普通のお客さんにもいますし、クラブではよくあることなので、従業員は大して問題視していません」(同上)

 さらに関係者は続けた。

関連キーワード

DJ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。