>  > 「エボラテロでパニックに」外交官が語る2015年

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
「エボラテロで世界がパニックに…」外交官が語る2015年の中東情勢、“悪夢のシナリオ”とは!?

 2014年は、中東やアフリカで激しい混乱が続いた。シリアや南北スーダン、ソマリアでの内戦、リビアやイエメンの無秩序状態、ナイジェリアではイスラム原理主義勢力のボコ・ハラムがテロ活動を続け、シリアとイラクにまたがる地域ではイスラム国が国家樹立を宣言した。それらに加えて西アフリカでは、エボラ出血熱が猛威を振るい、年末に至っても収束する目処が立たない。今年も残すところわずかだが、2015年のこの地域は...